地上での袋型培養槽による栽培の様子
地上での袋型培養槽による栽培の様子 / Credit:キリンホールディングス株式会社/JAXA,国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟で世界初となる袋型培養槽技術による栽培実験を実施(2021)
space

日本が宇宙で「袋型培養槽によるレタスの栽培」に成功 世界初の快挙

2021.10.25 Monday

国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟で世界初となる袋型培養槽技術による栽培実験を実施 https://www.jaxa.jp/press/2021/10/20211022-1_j.html

近い将来、月や火星まで人類の活動領域が拡大される可能性は、かなり現実味を帯び始めてきました。

しかし、そのためには地球からの補給に頼らず、宇宙でも食糧生産する技術は必須になるでしょう。

そこで、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙での運用を想定した袋型培養槽技術の研究を進め、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟内でレタス栽培の実証実験を行いました

このレタスは順調に生育し、収穫に至ることができたとのこと。

この研究はJAXA、株式会社竹中工務店、キリンホールディングス株式会社、千葉大学、東京理科大学による共同研究で、JAXAのサイト上で10月22日に成果が報告されています。

宇宙の農業はどうなるのか?

民間のロケット打ち上げや、宇宙旅行の計画など、宇宙開発の話はだいぶ身近で、大きく前進してきた印象があります。

各国の宇宙開発でも、月や火星へ人間を送り込む計画は前向きに進められています。

しかし、地球から遠く離れた宇宙の遠隔地へヒトが行くことを本格的に考えた場合、常に地球からの補給に頼って食料を確保するというのは現実的とはいえません。

そのため、宇宙で食糧生産する方法がいろいろと研究されています。

将来的に月面に農場を作るということを考えた場合、その栽培システムには病害虫の防止処置や、地球から輸送する際の積載重量などが課題になってきます。

そこで、JAXAは2017年から宇宙での利用を想定した、袋型培養槽技術というものの研究を、企業・大学と共同で行ってきました

袋型培養槽技術というのは、密閉した小型の袋の中で植物を栽培するというものです。

地上での袋型培養槽による栽培の様子
地上での袋型培養槽による栽培の様子 / Credit:キリンホールディングス株式会社/JAXA,国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟で
世界初となる袋型培養槽技術による栽培実験を実施(2021)

この方法は、雑菌など混入を防ぎつつ、臭気の発生もない、軽くて小さいシステムが実現できます。

また、設備が簡易でメンテナンスしやすいことや、省エネルギー性があり、利用人数に合わせて数量の調節も簡単と、宇宙での利用を想定した場合のさまざまな利点があります。

研究ではこの栽培方法が、宇宙空間の微小重力環境や閉鎖環境でどの程度有効性があるか、また水耕栽培や土耕栽培と比べて優位性があるかを実際宇宙に持ち込んで調査しました。

この実験は、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟内で実施されました。

次ページ宇宙でレタスを収穫

<

1

2

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!