幹細胞が脱毛に影響を与える可能性のある新しいメカニズムが発見された
幹細胞が脱毛に影響を与える可能性のある新しいメカニズムが発見された / Credit:depositphotos
science technology

「薄毛を逆転させて元に戻せる」可能性を持った遺伝子が見つかる!

2021.11.08 Monday

2021.11.05 Friday

Stem cells lose their ‘glue’ and escape from hair follicle to cause hair loss https://news.northwestern.edu/stories/2021/10/of-balding-mice-and-men-and-women/ Maintaining stem cell stickiness could be the key to battling baldness https://newatlas.com/medical/stickiness-stem-cells-hair-loss-baldness-treatment/
Escape of hair follicle stem cells causes stem cell exhaustion during aging https://www.nature.com/articles/s43587-021-00103-w?proof=tr

多くの男性が加齢に伴って、薄毛や脱毛を経験しています。

これは毛包と呼ばれる毛を作り出す器官内で、細胞を分化させている幹細胞が失われることで発生しているとわかっています。

しかし、なぜ毛包幹細胞が老化によって失われてしまうのか、そのメカニズムは未だによくわかっていないのです。

米国ノースウェスタン大学(Northwestern University)の研究チームは、初めて生きた生物の幹細胞が老化とともにどうなるかを追跡監視し、幹細胞が本来あるべき位置から移動してしまい、移動先に環境に慣れずに死んでしまうことを発見しました。

これは幹細胞を固定する接着剤が失われるためで、チームはこの接着剤を作り出す遺伝子も特定しています。

この遺伝子をもとに戻すことができれば、脱毛現象を逆転させられるかもしれません。

研究の詳細は、10月4日付で科学雑誌『Nature Aging』に掲載されています。

毛根が死ぬ理由

私たちのは常に死と再生を繰り返しています。

これは毛包と呼ばれる皮膚内の器官(一般的には毛穴と呼ばれる)が、常に毛を作り出しているためです。

俗にハゲと呼ばれる状態が発生してしまうのは、この毛包が縮小し、毛を生み出す機能が失われてしまうために起こります。

そのため、よく一般ではハゲることを「毛根が死んだ」と表現されるのです。

もう少し詳しく説明すると、毛髪は毛母細胞から作られますが、この細胞は毛包内のバジルと呼ばれる領域に存在する「毛包幹細胞」が分化して作り出しています。

毛包が機能しなくなるのは、毛包幹細胞が老化とともに減少してしまうためなのです。

毛髪は毛包内のバジルに存在する毛包幹細胞が根本的な起源となっている。毛包幹細胞は老化とともに減少するがその理由はよくわかっていない。
毛髪は毛包内のバジルに存在する毛包幹細胞が根本的な起源となっている。毛包幹細胞は老化とともに減少するがその理由はよくわかっていない。 / Credit:日本メナード化粧品株式会社/PR TIMES,日本メナード化粧品、幹細胞と人工頭皮モデルを用いて試験管レベルで発毛・育毛を評価する技術を確立!!(2021)

つまり、理屈としては毛包幹細胞を維持することができれば、ハゲを癒やすことが可能になるということなのです。

これまでの研究では、若い状態ではたくさんあった毛包幹細胞が、老化後に減少していることは確認していました。

しかし、生きた動物の老化のプロセスを直接追跡した人はまだいないため、老化によって実際何が起きているのかはよくわかっていませんでした。

そこで、今回ノースウェスタン大学の研究チームは、ハゲのモデルとして生きたマウスを使い、幹細胞の変化をリアルタイムに監視する実験を行ったのです。

チームはマウスの毛包幹細胞に緑色蛍光タンパク質でマークを付け、これを長波長レーザーを使って何日も繰り返し監視し続けたのです。

そして研究チームは、場合によっては1つの毛包を26日間も観察し続け、毛包の分解の全過程を見ることに成功しました。

そこで彼らが見たのは、幹細胞が毛包から逃げ出しているという事実でした。

次ページ細胞の接着剤がなくなっていた

<

1

2

>

サイエンス&テクノロジーのニュースscience technology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!