LEDライトはエネルギー変換が良い
LEDライトはエネルギー変換が良い / Credit:Depositphotos
technology

2022.01.01 Saturday

なぜLEDライトはエネルギー効率が良いのか? (2/2)

前ページLEDライトの仕組み

<

1

2

>

LEDライトのエネルギー効率が良い理由

LEDライトが従来の照明器具と比べて省エネなのは、いくつかの特徴があるからです。

1つ目の特徴は、LEDのエネルギー変換効率です。

エネルギー変換効率とは、電気エネルギーを可視光線に変換できる割合のことです。

白熱電球は、ほとんどの電気エネルギーを熱に変換してしまう
白熱電球は、ほとんどの電気エネルギーを熱に変換してしまう / Credit:Depositphotos

白熱電球は電流を流してフィラメントと呼ばれる細い金属を熱することで光をつくります。

そのため電気エネルギーのほとんどは熱に変換されてしまい、エネルギー変換効率はたったの10%になってしまいます。

また蛍光灯は水銀が入ったチューブに電流を流して、その作用で光を発生させる仕組みです。

こちらも熱エネルギーに多くが変換されるため、エネルギー変換効率は20%程度です。

対してLEDライトは、先ほど解説した仕組みにより、電気エネルギーを直接光に変換できます。

そのためLEDライトのエネルギー変換効率は50%にもなるのです。

白熱電球、蛍光灯、LEDライト。省エネなのはLEDライト
白熱電球、蛍光灯、LEDライト。省エネなのはLEDライト / Credit:Depositphotos

2つ目の特徴は、LEDの指向性です。

白熱電球などの従来の光源は、360°すべてに光が拡散します。

そのため照明器具にすると、一部の光はどうしても有効活用されません。

白熱電球や蛍光灯は背面に鏡や傘がかぶせてありますが、あれは無駄に拡散する光を集めたり、光の方向を制限するためです。

対してLEDライトは光の発する角度が狭いため、無駄になる光エネルギーがほとんどありません。そのためLEDライトの背面に鏡や傘がつくことはありません。

LEDの指向角。製品によって異なるが、白熱電球などに比べると光の発する方向が定まっているため明るく見える。
LEDの指向角。製品によって異なるが、白熱電球などに比べると光の発する方向が定まっているため明るく見える。 / Credit:mycraft,LEDの指向角[半値角(半減角)]とは?(2010)
3つ目の特徴は、寿命です。

LEDライトは、フィラメントのような高熱が加わったり経年劣化で切れたりする部分がありません。

そのため従来の照明器具に比べて長持ちします。

白熱電球の光源寿命が最大2000時間なのに対し、LEDライトの光源寿命は4万時間以上だと言われているのです。

さて、これらの特徴により、LEDライトの消費電力は従来の照明器具に比べて最大75%小さくなります

今後も、省エネなLEDライトは世界中で活躍していくでしょう。

もし身近な照明器具がまだLEDでないのなら、交換してみる価値はありそうです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!