人工培養脳に性別を持たせることに成功! 男性化で脳容積と密度が増加
人工培養脳に性別を持たせることに成功! 男性化で脳容積と密度が増加 / Credit:カリフォルニア大学(脳オルガノイドの図の参考)
brain

2022.01.31 Monday

人工培養脳に性別を持たせることに成功! 男性化で脳容積と密度が増加 (3/3)

前ページ男性化は興奮性ニューロンを増加させる

<

1

2

3

>

性差の根源が解明されれば、性別のコントロールも可能に

男性ホルモンを与えると脳オルガノイドの遺伝子の働き方も変化した
男性ホルモンを与えると脳オルガノイドの遺伝子の働き方も変化した / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究によってオルガノイドに性別をもたせることに成功しました。

これまでの研究は、男女差のない脳オルガノイドを用いてきましたが、今後はより人間に近い、性別のある脳オルガノイドを実験材料にすることが可能です。

一部の自閉症(自閉症スペクトラム)はほとんどが男性で起こり、脳の性差が精神的な症状の原因であることが知られています。

性別のある脳オルガノイドはこれらの研究にとって非常に有用な実験材料となるでしょう。

また追加の実験により、アンドロゲンが遺伝子に与える影響を調べた結果、脳オルガノイドの男性化が、いくつかの遺伝子の働きを抑え、細胞の成長や増殖にかかわる酵素を活発化させることでトリガーされていると判明しました。

【※アンドロゲンはヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)とリン酸化酵素(mTOR)を活性化していることが示されている】

チームは今後、性別のある脳オルガノイドの使用により、性差の根源をさぐることが可能になると考えています。

もし将来、性差の秘密が解明されて気軽にコントロールできるようになれば、誰もが男心や女心を体験できるようになるかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!