女王アリは赤ちゃんのときから姿が特別だった
女王アリは赤ちゃんのときから姿が特別だった / Credit: NAOTO IDOGAWA et al., Zootaxa(2022)
insect

女王アリの赤ちゃんは「エイリアンのぬいぐるみ」のような見た目をしていた (2/2)

2022.03.23 Wednesday

前ページキイロヒメアリはすべてメスで、オスは存在しない?

<

1

2

>

突起の予想される「5つの機能」とは

突起の内部を調べてみると、皮膚キューティクルが伸びてできており、その厚さは他の体組織の約2倍もありました。

(キューティクル:クチクラとも。表皮を構成する細胞がその外側に分泌することで生じる、丈夫な膜のこと。多くの生物において、体表を保護する役割を果たす)

しかし突起には、筋肉や管、特殊な組織は含まれていませんでした。

突起は何のためにあるのか?
突起は何のためにあるのか? / Credit: NAOTO IDOGAWA et al., Zootaxa(2022)

チームは1976年に発表された論文から、さまざまなアリの幼の形態を調べた結果、突起の役割には以下の5つの可能性があると推測しました。

・体を支える

巣の天井や壁にしがみつく

女王が他の幼虫による共食い攻撃から身を守る

体表面に餌を固定する

幼虫間で餌を受けわたす

これらはあくまでも仮説に過ぎず、確かな目的はまだわかっていません

しかし、本研究の成果は、幼虫が複雑なアリ社会においてどんな役割を果たすのかを理解するヒントとなるでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

昆虫のニュースinsect news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!