スマホ読書は「読解力」を低下させる可能性
スマホ読書は「読解力」を低下させる可能性 / Credit: canva
brain

2022.04.06 Wednesday

スマホ読書は「読解力」を低下させると判明! その原因はため息が減るから? (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

切断された右腕を「刃の義手」にした中世イタリア戦士の遺体が見つかる!

前ページ「ため息」には作業効率を高める効果がある?

<

1

2

>

「深呼吸」を取り入れて、脳のオーバードライブを防ぐ

これまでの研究で、人は認知的な負荷をともなうタスクに直面すると、ため息を着く回数が増えることが示されています。

ところが、スマホ読書によるの過活動は、逆に、ため息の回数を減らしていました。

これについて、研究チームは「紙媒体での”適度な”認知負荷は、ため息の増加につながり、それが脳機能を回復させているのだろう」と指摘。

一方で、「スマホでを読むと、強すぎる認知負荷がため息を防ぐことになり、そのせいで脳が過活動状態に陥ったのではないか」と説明します。

それが最終的に、読解力の低下を引き起こしているのかもしれません。

スマホの場合に、認知不可が高まってため息が低下する原因については、スマホ画面の明かりが脳の覚醒状態を高めている可能性が予測されます。

よく就寝前にスマホ画面を見ていると眠れなくなるという話と関連するかもしれません。

そこで本間氏は「電子機器を長時間使用する人は、意識的にでも深呼吸を取り入れることを提案したい」と述べています。

深呼吸をすることで、脳がオーバードライブ状態に陥ることを防ぎ、認知機能の風通しをよくできる可能性があります。

スマホ読書に疲れたら、深呼吸か、紙の本に戻るべきかも
スマホ読書に疲れたら、深呼吸か、紙の本に戻るべきかも / Credit: canva

一方で、本研究の参加者は、20歳前後の若者のみであり、他の世代でも同じ結果になるかどうかはわかりません

彼らは、生まれたときからインターネットが身近にあった世代であり、電子機器には日頃から十分に慣れています。

しかし、インターネットに馴染みのない世代や、普段からあまり使わない人は、認知負荷がさらに高まることも考えられます。

そのため、逆にもっと若い世代へ目を向けていくと、こうした効果が徐々に緩和されていく可能性も考えられます。

こうした点は、今後の研究課題となります。

けれど、どういったところで現代の私たちの生活は、もはや電子機器の利用から切り離すことはできないでしょう。

もし、スマホ読書で「内容が頭に入ってこない」と感じたら、深呼吸を取り入れるか、あるいは紙の本に立ち戻るのがいいかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!