海底ケーブルの電磁波でロブスターが「カナヅチ」に
海底ケーブルの電磁波でロブスターが「カナヅチ」に / Credit: ナゾロジー 編集部
animals plants
Underwater power cables make lobsters bad swimmers https://phys.org/news/2022-04-underwater-power-cables-lobsters-bad.html
The Effects of Anthropogenic Electromagnetic Fields (EMF) on the Early Development of Two Commercially Important Crustaceans, European Lobster, Homarus gammarus (L.) and Edible Crab, Cancer pagurus (L.) https://www.mdpi.com/2077-1312/10/5/564

2022.05.02 Monday

海底ケーブルの電磁波でエビの赤ちゃんが「カナヅチ」になると判明!

以前、洋上風力発電のために敷設された電力ケーブルが、海底のカニを惹きつけ、移動習性に悪影響を与えている、というニュースをご紹介しました。

しかし、海底ケーブルの及ぼす影響はそれだけではなかったようです。

このほど、英国のヘリオット・ワット大学(Heriot-Watt University)、セント・アブス海洋ステーション(St Abbs Marine Station)の共同研究で、海底ケーブルの電磁場にさらされたロブスターの赤ちゃんは「カナヅチ」になることが新たに判明しました。

また、何らかのかたちで奇形になるリスクも3倍高くなったとのことです。

研究の詳細は、2022年4月21日付で科学雑誌『Journal of Marine Science and Engineering』に掲載されています。

 

電磁波による「奇形」のせいでロブスターが「カナヅチ」に

海底ケーブルがエビをカナヅチにしていました。※エビのなかで大型で歩行性のものがロブスターになります
海底ケーブルがエビをカナヅチにしていました。※エビのなかで大型で歩行性のものがロブスターになります / Credit: ナゾロジー 編集部

研究チームはこれまで、洋上風力発電所のための海底送電網が、カニやロブスターといった商業的に重要な生き物に、どんな影響を与えているか調査してきました。

その中で判明したのが、先に述べた「カニの電気中毒」です。

今回は、セント・アブス海洋ステーションにある実験用水槽を用い、4000個以上のカニとロブスターの卵を、海底ケーブルから発されるのと同レベルの電磁波にさらしました。

それと並行して、電磁波をまったく照射しないカニとロブスターの卵(比較群)も用意しています。

この実験では、卵から幼生になるまでの成長を数カ月にわたって追跡し、最終的には遊泳テストも行いました。

実験セットの模式図。エビの卵にも電磁波をビンビンに浴びせています
実験セットの模式図。エビの卵にも電磁波をビンビンに浴びせています / Credit: Alastair Lyndon et al., Journal of Marine Science and Engineering(2022)

その結果、電磁波にさらされたカニとロブスターの幼生は、ともに比較群より小さくなっていたのですが、ロブスターの方がより強い悪影響を受けることがわかりました。

垂直方向の遊泳テストで、水槽の底から餌を得るために水面まで浮上できるかを調査した場合、電磁波を浴びたロブスターの赤ちゃんは、浴びなかった個体に比べ、3倍近くもテストに不合格になり、水面まで到達できなかったのです。

さらに、それらのロブスターは、奇形になるリスクも3倍高くなっていました。

最も多く見られた奇形は、体の全体的な縮小と、尾の部分の折れ曲がりです。

泳ぎが下手になっていたのは、これらが原因と見られます。

また、目の発達が乱れていたり、体がパンパンに腫れ上がる症状も確認されました。

体の縮小や尾部の折れ曲がりを起こしたロブスターの幼生
体の縮小や尾部の折れ曲がりを起こしたロブスターの幼生 / Credit: Alastair Lyndon et al., Journal of Marine Science and Engineering(2022)

一方、カニの赤ちゃんにも多少の縮小は見られましたが、遊泳に支障をきたすレベルにはありませんでした。

セント・アブス海洋ステーションのペトラ・ハーサニ(Petra Harsanyi)氏は「カニの縮小は、ロブスターのように、すぐに影響の出るものではなかったが、発育に問題があることを示している」と指摘。

「長期的な障害や死亡率を増加させる可能性があるため、時間をかけて追跡調査をしなければならない」と話しています。

奇形や縮小そのものが命にかかわることではないにしても、単純に泳ぎが下手になることで、天敵に捕食される可能性が増大するでしょう。

カニやロブスターは、商業的に価値のある生き物であるため、何らかの解決策を模索しなければなりません。

その一つとして、ヘリオット・ワット大学のアラステア・リンドン(Alastair Lyndon)氏は「海底ケーブルを地中に埋めて、カニやロブスターを電磁波から保護する」ことを提案します。

「この手法はコストがかかり、維持管理も難しいですが、すでに多くの海洋再生可能エネルギー開発で行われています。

今後は、この手法を積極的に取り入れて、水生生物を守る必要があるでしょう」

何らの手も打たないまま、海底ケーブルだけ無闇に増やしてしまうと、ロブスターの「溺れ死に」が大量発生するかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!