本物の「月の土」で植物栽培に成功!
本物の「月の土」で植物栽培に成功! / Credit:University of Florida . A first: Scientists grow plants in soil from the moon
plants

2022.05.13 Friday

アポロ計画で「月から持ち帰った土」から植物栽培に成功! (3/4)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

前ページアポロ11号の土より17号の土のほうが植物の生育に適していた

<

1

2

3

4

>

太陽風による粒子の削りが土の違いをうんでいた

太陽風があたると土の粒子が細かく砕けてしまう
太陽風があたると土の粒子が細かく砕けてしまう / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

なぜ同じの土なのに生育に差をうんだのか?

謎を解明するため研究者たちは、アポロ11号・12号・17号のそれぞれが採取した月の土の性質を比較しました。

するとアポロ11号が着陸した場所は他の場所に比べて太陽風の影響が強く「劣化した土」となっていました。

月は守ってくれる磁場が弱く大気もないため太陽風が直に地上に衝突してしまいます。

(※太陽風は太陽から吹き出た高エネルギーの荷電粒子(プラズマ)です。地球は磁場に守られているためほとんど地上には到達しません)

太陽風が衝突すると月の土の粒子は削られ、徐々に細分化されていきます。

そして劣化が進んだ土では粒子のサイズが減少して表面積が増えイオン流出が加速していると考えられます。

また粒子が削れるとナノサイズの鉄の増加も引き起こしている可能性も示されています。

一方でアポロ17号が着陸した周辺の土は太陽風の影響が少ない「劣化の小さい土」でした。

劣化の小さい土の場合、粒子サイズは大きくなっています。

このことから研究者たちは粒子の小ささやナノサイズの鉄の存在が植物に対してストレスとして働き、生育を阻害する要因になったと結論しています。

これらの結果は、月にも植物の生育に向いている土とそうでない土があり、その判断材料として粒子サイズが使用できることを示します。

もし将来的に月面基地で月の土を使って農業を行うとしたら「劣化の小さい土」がある場所が有望な場所となるでしょう。

次ページ月の土でも植物は育つが理想とは程遠い

<

1

2

3

4

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

植物のニュースplants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!