1世紀以上も正体不明だった生物の系統を特定
1世紀以上も正体不明だった生物の系統を特定 / Credit: Tatsuya Hirasawa et al., Nature(2022)
paleontology

2022.05.28 Saturday

130年も正体不明だった4億年前の生物、人間を含む「四肢動物の始祖」だったと判明! (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ブラックホールの中に入って人間が調査をすることは可能なのか?

前ページ1世紀以上もつかめなかった正体

<

1

2

>

パレオスポンディルスの系統位置がついに判明!

チームは、得られた断層像をもとに、頭骨の3次元モデルを作成し、形態の特徴を綿密に調べました。

その結果、パレオスポンディルスの頭骨は、下アゴが短いという点を除けば、アゴを持つ脊椎動物の頭骨の形態パターンと一致することがわかったのです。

 

頭骨の3次元モデルの分解図
頭骨の3次元モデルの分解図 / Credit: 理研 – 4億年前の謎の脊椎動物の正体解明(2022)

また、それぞれの骨の形態を調べると、頭骨を口側と後頭部側に二分する頭蓋内関節など、現生するハイギョのような肉鰭(にくき)類と同じ特徴を発見。

とくに肉鰭類の中でも、四肢動物に近い「四肢動物型類」と共通点が多いことがわかりました。

四肢動物型類は、ハイギョ系統と分岐した後、現生の陸上脊椎動物へと至る系統上のグループを指します。(下図を参照)

その中には、「ヒレを持つ動物」と「四肢を持つ動物」の両方が含まれ、系統図上でヒレから四肢への移行を見ることができます。

パレオスポンディルスの系統的位置
パレオスポンディルスの系統的位置 / Credit: 理研 – 4億年前の謎の脊椎動物の正体解明(2022)

そして、パレオスポンディルスの系統を過去の研究データと合わせて解析した結果、ヒレから四肢への移行段階に当たる動物と近縁であることが特定されました。

具体的には、ヒジ関節や指の骨格をヒレの中に持っていた動物と、それらを持たない動物の中間に位置します。

つまり、パレオスポンディルスはヒレ〜四肢への移行期をつなぐ「ミッシングリンク」と考えられるのです。

ヒトを含む哺乳類は、陸上の四肢動物から進化しましたが、パレオスポンディルスはその最古の祖先の一つと推定されます。

頭骨の3次元モデル
頭骨の3次元モデル / Credit: Tatsuya Hirasawa et al., Nature(2022)

今回の研究により、130年以上も正体不明だったパレオスポンディルスが、四肢動物の系統に属することが特定されました。

その一方で、歯や胸ビレ、腹ビレがない点については、明確な解答が得られていません。

歯や手足が未発達な状態は、四肢動物の「幼生」によく見られる特徴ではあります。

しかし、パレオスポンディルスの幼生的形態が、成長しきった姿だったのか、あるいは成熟前の姿だったのかはまだわかりません。

チームは今後、パレオスポンディルスと同時代の四肢動物の化石を調査することで、この謎を解明していく予定です。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!