画像

psychology

「長い箸」でご飯を食べると美味しく感じ、さらにダイエット効果がある (3/3)

2023.10.17 Tuesday

前ページ長い箸は食品の美味しさと商品の購買意欲を高める

<

1

2

3

>

店で長い箸を出すと食事客は少ない量で満足する

店で長い箸を出すと客が時間をかけて料理を味わい、満足感が高くなる
店で長い箸を出すと客が時間をかけて料理を味わい、満足感が高くなる / Credit: Unsplash

今回の研究の限界は、参加者が箸を使って食べたのは80 gのご飯のみであり、実際の飲食の場面で同様の現象が生じるかはわからないという点でした。

そこでフンミン氏らは研究チームはこの疑問点に答えを出すため、台湾の15年以上続いている、人気の中国料理店で、8週間に渡る実験を行っています。

実験期間中のランチ・ディナーの提供時に、短い箸(19 cm)と長い箸(23 cm)を、食事客にランダムに提供しました。

そして提供前後の食事の重さを測定し、食事で用いる箸の長さによって、食事客の摂食行動が変化するかを検討しています。

実験の結果、長い箸を使った客は、食べるペースが遅くなり、少ない量の料理で満足感を得ていたことが分かりました。

これらの結果は、長い箸を使うことで少ない量の料理で満足することができ、食べ過ぎの防止につながる可能性を示唆しています。

研究チームは結果を受け以下のように述べています。

「食べすぎは肥満や他の健康問題を引き起こす。本結果は、長い箸を使うことで食事量をコントロールし、食べすぎを防ぐ具体的な方法を提案している。」

「たとえば、レストランの場合であれば、長い箸を提供することで、少ない量の料理で顧客を満足させることができるかもしれない。さらに体重を減らしたいと考えている人は、日々の食事で長い箸を使うことで、全体の摂取量を減らすことができるかもしれない。」

この結果は、長い箸が食事の体験を向上させる効果が現実場面でも機能する1つの証拠であり、長い箸を使うことで体重を減らすことができる可能性を示唆しています。

今回の記事を読んだことを機会にダイエットをしている人は普段使用する箸よりも長めの自分専用の箸を購入してみるのはいかがでしょうか。

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!