統計学者は円グラフを滅多に使用しない
統計学者は円グラフを滅多に使用しない / Credit:Canva
mathematics

統計学者や数学が得意な人ほど「円グラフの使用は避ける」その理由とは? (4/4)

2024.01.13 Saturday

前ページ「3次元円グラフ」は最悪のデータ提示方法

<

1

2

3

4

>

円グラフが輝くのは「2つのカテゴリを比較する場合」

バーネット氏によると、円グラフはカテゴリが少数で、パーセンテージがはっきりと異なる場合に役立つようです。

またカテゴリが2つだけなら、その違いが小さくても、円グラフのメリットが生かされます。

例えば下の円グラフは、オーストラリアの2大政党(保守連合と労働党)の支持率を示しています。

支持率は労働党(Labor)が55%であり、保守連合(Coalition)が45%でした。

オーストラリアの2つの主要政党の支持率を示す単純な円グラフ
オーストラリアの2つの主要政党の支持率を示す単純な円グラフ / Credit:Victor Oguoma_Here’s why you should (almost) never use a pie chart for your data (The Conversation, 2024)

円グラフを見ると2つのカテゴリはそれぞれ半円に近く、この戦いが接戦であったことを瞬時に理解できます。

またカテゴリが2つしかないため、比較的僅差でも違いが分かりやすく、労働党が勝利したという点も瞬時に把握できるでしょう。

否定的な意見が多い円グラフにも、確かにメリットは存在するのです。

とはいえ、円グラフが輝くケースはかなり限定的です。

それぞれのグラフのメリットとデメリットを知ってから選択すべき
それぞれのグラフのメリットとデメリットを知ってから選択すべき / Credit:Canva

そのためバーネット氏は、「全体的に、円グラフの使用は控えめにするのがベストです」と結論付けています。

多くのデータを扱ったり、僅かな違いを明確に示したりする必要がある専門家たちにとっては、特にそう言えるのかもしれません。

いずれにせよ、データを視覚的に示すグラフには様々な種類があり、それらのメリットとデメリットをはっきりと知ってから、ケースバイケースで使い分けるのが最善でしょう。

<

1

2

3

4

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

数学のニュースmathematics news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!