人類のフロンティア精神がひと目でわかる「世界のインフラマップ」

society 2019/07/13
Credit:Peter Atwood

Point

■海外アーティストによる、世界のインフラのみをブルーム効果でピックアップさせた地図

■忘れがちな事実だが、世界は人々が長い歴史の中で開拓したインフラのネットワークにより1つにつながっている

■中には空路以外では近づくことの難しい秘境のような場所も多い

↓今ココ。人類が宇宙のどこまで到達したのかを示す画像

海外アーティストが3DCGソフト「Blender」を使って、インフラのみがネオンの様に輝く地図を作成した。

私たちの世界は、陸、海、空が恐ろしいほど複雑なインフラのネットワークでつながっている。これは人々が長い歴史の中で開拓した世界をつなぐ道だ。

人々の住む場所、道路や空港、港などを除いて全てを隠した地図の画像は、人類が地球上にどうやって広がり、暮らしてきたか、そして世界がどのようにつながっているかを物語っている。

こんな場所まで人がいるのかと驚く土地も、未だに開拓されていない意外な土地も、いろんなものが見えてくるこの一風変わった地図で広い世界に思いを馳せてみよう。

今回紹介した地図画像はPeter Atwoodのホームページ上で公開されている。

都市

これは人の住む都市の明かりを示したものだ。日本やヨーロッパ、北アメリカは特に明るく輝いて大きな都市の存在を確認することができる。

逆に、アフリカや南アメリカ、オーストラリアは、砂漠や密林など未開の土地が多く存在するため、暗く消えてしまっている。これらの大陸は巨大であっても、ほとんどの人は沿岸部にしか住んでいないことがよく分かる。

道路

人間社会の血管にも例えられる道路は、まさに毛細血管のように細かく世界を覆っている。

世界にはおよそ6000万キロメートルの道路がある。この地図を上の地図と見比べれば、砂漠や山岳地帯、ジャングルなどの困難な地形さえも開拓して、道をつないできた人類のすごさが伝わってくる。

オーストラリアの道路の明快さも、またなかなか面白いものがある。

広い道路が一本しか走っていないような荒野や熱帯雨林の中を走る道路も、今はグーグルストリートビューを使えばどんな景色の道なのかを見ることができる。


こちらはオーストラリア大陸のほぼ中央の荒野を走る道路だ。

これは熱帯雨林の中に築かれた道路。ブラジル アマゾナスのマナウス近くの道路だ。

こうした場所に道路を走らせるのは大変な事業だっただろうことが想像できる。

それにしてもグーグルストリートビューが世界の全ての道路を撮影する日は来るのだろうか。

鉄道

鉄道は各国の違いがよく現れる。

ヨーロッパは蒸気機関車の発明以降、鉄道が交通の要となって発展しており、鉄道網が細かく張り巡らされている。現代も高速列車による高度なネットワークが築かれており、リッチな列車旅行が楽しめる。

一方北米では、列車は主に長距離輸送の貨物運搬用に利用されるため、網目のような鉄道網は見られない。

アフリカの鉄道はヨーロッパの入植者たちによって、アフリカで得た商品を本国へ送るために建設された歴史がある。沿岸へ商品を運ぶために発展したため、沿岸部から内陸へ短い鉄道が走っているものがほとんどだ。

オーストラリアは大陸奥地で採掘された石炭や鉱物を運ぶものがメインだ。ここを走る列車は世界最長を誇り、全長7353メートルの500両編成という途方もない車列の列車まで存在する。


延々と続く貨物列車。GIFかな? と思いたくなってしまう。

空港

空港は隔離された土地を結ぶ唯一の交通手段となる。

南米のアマゾン地帯、オーストラリアの内陸、カナダの北部の都市などには、道路も鉄道も無い孤立した街や施設が存在する。こうした土地へは空の旅以外で近づくことは困難だ。

そんな場所へ物資や食糧を運ぶのは飛行機の重要な役目だ。そのため、空港は意外な場所や、とんでもない場所にも作られていたりする。

ポルト・ウルク空港 ©GoogleEarth

これはブラジルのポルト・ウルク空港だ。アマゾンのほぼど真ん中にある。グーグルアースで見ると熱帯雨林の中にぽつんと浮かぶ孤島のような場所だ。

ここは天然ガス田、油田があるために開発されている場所だ。この場所の開拓には、少し北にあるウルク川からバラバラに解体した機材を運び込んで行われたという。

グジョーア・ヘブン空港 ©GoogleEarth

こちらはカナダ北部の街、グジョーア・ヘブンの空港だ。イヌイットとともに暮らす街で、旅行で訪れることも可能だが、空路以外は隔離されたような土地だ。

ここまでの地図を見てきて分かる通り、人類のとってもっとも重要な居住地は海岸線、または川沿いだ。何千年もの間、人類にとって世界の地域と地域を繋ぐ交通手段は船だった。

現在でも、私達の暮らしに必要な物資のほとんどは船によって輸送されている。

人々が暮らす地域の海岸線は港の光で満ちている。

世界をつなぐネットワーク

現代の私たちには当たり前のものになっているが、世界を繋ぐ道は全て歴史の中で人類が築いてきた建築物だ。空路以外で行くことが難しい場所も、最初に資材を運び込んで開拓した人々がいる。

インフラの引き方でも、その地域の特色や考え方が見えてくる。

人類のフロンティアスピリッツと冒険心はハンパないよ!

やはり日本語はヤバかった。 世界の言語難易度ランキング(英語圏)

reference:boredpanda/ written by KAIN

SHARE

TAG

societyの関連記事

RELATED ARTICLE