brain

読書は脳に「永続的な影響」を与える。フィクションかどうかで違いも

2021.01.27 Wednesday

2019.08.22 Thursday

1枚目の画像
Credit:pixabay

Point

■読書の影響を調査した複数の研究報告によると、脳波測定の結果、読書経験は長期的に脳へ影響を残していることが明らかになった

■大抵の読書経験については、内容を忘れてしまうことがほとんどだが、脳への影響は永続的に保存されている可能性が高い

■フィクション小説は、共感を育てるために有効であり、自己の考えの管理や、探求、修正にも有効だが、ノンフィクションではこの効果が確認できないという

よく、「本を読むことは良いことだ」と言われますが、科学的には読書に一体どういう効果があるのでしょうか?

こうした疑問について、文学小説を読んだ際の脳波の変化を調べた研究があります。

これは少し以前の研究ですが、エモリー大学の研究者が、長編小説を読んでいる被験者の静止状態の脳をMRIで定期的に検査し、読書の影響を調査したものがあります。

この研究では、「ポンペイ」という火山で滅んだ街ポンペイを舞台にした歴史フィクションの小説を21人の被験者に読んでもらい、19日間定期的に脳波検査を行いました。

すると、脳の2つの領域で持続的な影響を見ることができたのです。1つは左側頭葉で、ここは言語を処理する機能を持ち、本の内容の理解に重要な領域です。

2枚目の画像
赤い領域が左脳の側頭葉。/Credit:DBCLS/Wikipedia

もう1つは中心溝で、ここは人の感覚と関連した領域です。これらの領域には、活性化したネットワークが形成されており、それは読書を行っていない間でも永続的に変化が現れていました

3枚目の画像
赤い領域が中心溝。/Credit:DBCLS/Wikipedia

これは本を読んで感じた体験について、脳に長期的な影響があることを示唆しています。

読書が及ぼす脳への影響

4枚目の画像
Credit:pixabay

小説を読んだ場合の長期的な影響について、面白い点は印象を残していながら、あまり内容については覚えていないというところです。

なにか感情的な印象や、雰囲気、登場人物や、部分的な文章、会話など特定のことは覚えていても、全体的な内容は忘れてしまう傾向があります。

しかし、それでも本を読むことによる影響は、脳波検査でははっきりと長期に渡り残っていることが確認できるのです。

これは読書によって、何らかのアイデア(閃き)を脳が得ており、本人の考え方、概念、興味などに抽象的な影響を及ぼしている証と考えられています。

また、この研究ではテーマを分けて被験者に読書をさせた場合の影響も調査しています。

動物虐待をテーマにした本を読んだグループは、動物などに関連しない内容を読んだグループと比べると、動物愛護に高い関心を示すようになったのです。

しかし、ネガティブな内容については、そうした影響が現れませんでした

例えば、暴力的な内容の文学を読んだグループと、そうでないグループで攻撃的な思考に影響が現れるかという調査を行ったところ、それぞれのグループに有意な差を認めることはできなかったのです。

これは読書が、良い影響のみを残しやすい傾向があることを示していると考えられます。読み手の想像力に依存する本では、読み手が積極的に関心を持ち、取り入れようとした内容以外、影響を残さない可能性があります

次ページフィクション小説は共感力を育てる

<

1

2

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!