science technology

能力の高いプログラマーは数学力より言語能力が高い (2/2)

2020.03.03 Tuesday

脳波を測りプログラミングの学習効率を事前判別する

1枚目の画像
左は頭部を上から見た模式図。右のグラフは縦軸はプログラミングの成績、横軸は右前頭側頭部のβ波の出力。プログラミングの成績がいい人ほど、右前頭側頭部のβ波出力が強い/Credit:nature.Scientific Reports

今回の研究ではテストを行う以外にも、実験参加者の安静時の脳波も検出されました。

各被験者はプログラミングの講座を受けていない状態で、脳全体の脳波を測定されました。

結果、右前頭側頭のβ波の出力が高い人ほど、その後の講義を経たプログラミングの成績が高いことがわかりました。

以前他の研究で、プログラミング言語の代わりにフランス語を用いて同じような脳波測定が行われましたが、こちらもやはり右前頭側頭のβ波の出力が高い人ほど、学習後のフランス語の成績が高いことがわかっています。

このことから、右前頭側頭は新言語を学習するにあたっての、個人差や才能をうみだす部位であると考えられます。

古典的には、言語を担当する脳は左脳とされてきましたが、今回の研究でも固定概念が覆されたことになります。

しかしプログラミングの技能が一定のラインを超えると、最も必要な素質は問題解決力や柔軟な発想になるとも言われています。プログラミング言語の学習能力は、プログラミング能力そのものとは微妙に異なるのです。

ともあれ、今後は数学の成績が悪くても、プログラマーを諦める必要はなくなりそうですね。

解析不能!30年以上前のレトロゲームから謎の「自動生成アルゴリズム」が見つかる

やはり日本語はヤバかった。 世界の言語難易度ランキング(英語圏)

reference: sciencedaily / written by ナゾロジー編集部

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

サイエンス&テクノロジーscience technology

もっと見る

Special

注目pick up !!