男性が女性より大きくなる理由が判明。 ダーウィンの説は間違っていた? 

biology

Credit: jp.depositphotos
point
  • 男性が女性より大きくなる理由は、「エストロゲン」という女性ホルモンにあった
  • エストロゲンの分泌量のピークが女性で早く、男性で遅いことが成長期間の違いを生んでいた

人の平均身長は、世界各国で違いますが、どの社会でも男性が女性より大きくなる傾向が見られます。

こうした男女間の体格差は、暗黙の内に理解されていながら、その明確な理由は分かっていませんでした。

イギリスの著名な自然科学者であるチャールズ・ダーウィンは、1871年の著書『人間の由来』の中で、「男女間の体格差は、性淘汰が主な原因である」と述べています。

性淘汰とは、異性をめぐる争いを通して生じる進化のこと。

つまりダーウィンは、女性をめぐる争いの中で、体が大きく頑丈な男性が勝ち残り、その遺伝子が脈々と男性の子孫に受け継がれたと主張します。

しかし、米・ロードアイランド大学の最新研究により、まったく別の生物学的理由が浮上しました。

それによると、男女間の体格差は、「エストロゲン」という女性ホルモンが真の原因だったようです。

女性の成長ピークが男性より数年早い

アメリカの統計によると、男女の成長速度は2歳からほぼ同じ曲線をたどり、どちらも13歳あたりで平均157センチに達していました。

しかしその後、女性の成長曲線は水平になり、最終的には平均162センチで停止。

一方の男性は、女性より数年間長く成長を続け、平均177センチまで達しました。

2歳〜20歳までの統計、男性(青)と女性(赤)

研究主任のホリー・ダンズワース氏は「この傾向には性淘汰ではなく、エストロゲンの分泌量が関係している」と指摘します。

エストロゲンとは、男性では精巣、女性では卵巣で作られており、骨の成長に関与する女性ホルモンの一種です。

このエストロゲンの分泌量は、女性において思春期にピークを迎えます。エストロゲンが急増すると、「成長板」と呼ばれる部分(骨の成長が完全に止まるまで存在する)が成長を始めます。

女児が、男児よりも一足早く身体的成長を迎えるのは、卵巣でのエストロゲン分泌量が増えたからなのです。

ピークを迎えると成長は止まる

ところが、エストロゲンの分泌量がピークに達すると、骨の成長は終わりを迎えます。そのため、女性の身体的成長は、思春期を過ぎると基本的にはストップするわけです。

ところが、男性の場合、エストロゲン分泌量のピークは女性より数年後に来るので、それまで骨は成長を続けます。また、男性におけるエストロゲンの分泌量が女性より少ないことも、骨格が大きくなりやすい要因でしょう。

それから、エストロゲンは、女性の骨盤が男性のそれより幅広になる理由の一つでもあります。(もう1つの理由は、妊娠中に胎盤で分泌される「リラキシン」というペプチドホルモンです)

Credit: dailymail

これらを踏まえ、ダンズワース氏は「ダーウィンの唱える性淘汰説がまったくの無関係とは言えませんが、エストロゲンが男女間の体格差の一因であることは間違いない」と話します。

つまり男性は、生物学的にガタイが良くなるようにできており、戦いの運命は初めから避けられなかったのかもしれません。

研究の詳細は、5月2日付けで「Evolutionary Anthropology」に掲載されています。

Expanding the evolutionary explanations for sex differences in the human skeleton
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/evan.21834

メスの鳥がオスに求める条件は、歌の上手さより「知性」だったと判明

関東人と関西人は遺伝子から違う?日本人は8つの遺伝的グループに分かれているという研究

reference: quantamagazine / written by くらのすけ
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG