赤い光で眼を「ワイヤレス充電」すれば視力が回復すると判明! 老化による視力低下は治せる時代になる

ワイヤレス充電器の原理を利用して可視光の赤(670nm前後)を網膜のミトコンドリアに吸収させることで内部分子を活性化させる/Credit:(右)depositphotos.(左)depositphotos
point
  • 老化による視力の低下はミトコンドリアの能力減退による網膜細胞のエネルギー不足が原因
  • ミトコンドリアには可視光の赤(650~1000nm)を吸収する性質がある
  • ワイヤレス式充電器の原理を使って目のミトコンドリアに可視光を浴びせて充電すると視力が回復した

人間の網膜の感度は40才を超えたあたりから大きく低下しすることが知られています。

網膜感度の低下による視覚の低下は細胞自身の老化によるものであり、レンズのピント調節とは違って目薬をさしても治りません。

ですが今回、ロンドン大学の研究者による実験の結果、毎日3分、LEDの赤い光を見るだけで、年齢による網膜由来の視覚低下を大きく改善できることが判明しました。

基本原理は、電磁波式の充電器を模した「可視光によるミトコンドリアの充電」です。

赤い光によってどのように視力が回復するのでしょうか。

視覚の低下は網膜細胞のエネルギー不足が原因だった

ミトコンドリアは酸素呼吸によってエネルギーを生産している場所である。視覚の維持には大量のエネルギーが必要なために、網膜細胞には大量のミトコンドリアがある/Credit:depositphotos

年齢による視覚の低下は、主に網膜の細胞に存在するミトコンドリアの性能低下によって引き起こされます。

ミトコンドリアは細胞の酸素呼吸が行われる「発電所」とも言うべき存在であり、高いエネルギー需要がある網膜には特に多く存在します。

しかし活発なエネルギー生産の代償として、網膜は他の臓器よりも早く老化することが知られており、エネルギー生産も老化によって70%減少してしまいます。

結果として、エネルギー不足に陥った視覚細胞は、正常な視覚情報の「感受・増幅・伝達」ができなくなり、視力が低下してしまうことが知られていました。

そこでイギリス、ロンドン大学のシンマー氏は、このミトコンドリアのエネルギー不足をなんとか補う方法がないかと考え、ある結論に至ります。

次ページ可視光で眼の細胞を充電する

1

2

3

4

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG