medical

脳のスイッチをオフにして「記憶を削除する薬」が開発される (3/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.07.19 Sunday

前ページサルにド忘れを強制する

<

1

2

3

>

使い道は無限

画像
Credit:depositphotos

研究者たちは、この記憶削除薬の具体的な利用法として、異常な脳細胞の興奮が引き起こす「てんかん」の治療をあげています。

発作が起きて脳細胞が興奮状態になったとしても、事前にオフスイッチさえ仕込んでおけば、トリガー接種で異常興奮した神経細胞をオフにして鎮めることができます。

もし今後、様々な種類の記憶を選択的に消去する薬ができた場合、白いモノを黒だと誤らせたり、あるいは白だったこと自体を忘れさせることができるかもしれません。

記憶削除ツールの使い道は、限りがなさそうです。

研究内容は日本の国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構のYuji Nagai氏らによってまとめられ、7月6日に学術雑誌「Nature Neuroscience」に掲載されました。

Deschloroclozapine, a potent and selective chemogenetic actuator enables rapid neuronal and behavioral modulations in mice and monkeys
https://www.nature.com/articles/s41593-020-0661-3

2700年前の石版に「てんかん」を引き起こすデーモン像が発見される

【編集注 2020.07.21 12:40】
記事内容に一部誤りがあったため、修正して再送しております。
reference: 日本の研究.com / written by katsu
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

<

1

2

3

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!