animals plants

2021.01.27 Wednesday

2020.07.22 Wednesday

世界初、これまで未発見だった「巨大マンボウの稚魚」がついに見つかる! 金平糖みたいでかわいい

1枚目の画像
初発見された「ウシマンボウ」の稚魚/Credit: Kerryn Parkinson

世界最大級の魚類として有名なマンボウ属には、「マンボウ」「カクレマンボウ」「ウシマンボウ」のわずか3種しかいません。

中でも巨体を誇るのがウシマンボウです。

全長3メートル、体重2300キロという個体が見つかっていますが、専門家の話では、もっと大きくなると言われています。

その一方で、ウシマンボウの稚魚は、これまで一度も見つかったことがなく、海洋学者ですら確認できていません。

ところが今回、オーストラリア、ニュージーランドの共同研究チームにより、世界初となるウシマンボウの稚魚がついに発見されました。

大人になると巨大なウシマンボウでも、稚魚は見つからないのも納得の小ささだったようです。

マンボウの産卵量は一度に3億個⁈

2枚目の画像
大人のウシマンボウ/Credit: ja.wikipedia

ウシマンボウ(Mola alexandrini)は、極圏をのぞく世界中の温暖な海に分布し、クラゲやプランクトン、小魚を好物とします。

水深0〜600メートルまで生息しますが、海面すれすれに横たわっての日光浴は欠かせません。

これには、深海へ潜った後に体を温める目的やカモメに寄生虫を取り除いてもらう目的があるそうです。

3枚目の画像
日光浴をするマンボウ/Credit: ja.wikipedia

またマンボウは、あらゆる脊椎動物の中でもトップクラスの産卵量を誇ります。最大で1回に約3億個の卵を産むという説もありますが、孵化した大半の稚魚は成体まで生き残れません。

それでも産卵量の多さに変わりないので、ウシマンボウの稚魚が見つからないことは大きな謎となっています。

次ページついに発見!体長わずか5ミリ?

<

1

2

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!