タコ、7本足
タコ、7本足 / Credit: Whidbey Camano Land Trust
animals plants

深海に棲む「7本足のタコ」を浜辺で発見!ある場所に”幻の8本目”を隠していた(アメリカ)

2020.09.23 Wednesday
sciencetimes https://www.sciencetimes.com/articles/27397/20200922/rare-seven-armed-octopus-found-washington-beach.htm, whidbeynewstimes https://www.whidbeynewstimes.com/life/possible-seven-armed-octopus-found-on-beach-at-ebeys-landing/?fbclid=IwAR1BrLdwFA9XBd4Xl54O6r8xb4HRM7XwiqqXkw6QDencif1vEmvOHSWwh5s

米・ワシントン州、ピュージェット湾に面するウィドビービーチで、7本足の珍しいタコが発見されました。

先月29日の早朝に、浜辺を散策中の男性によって見つけられ、地元の環境保護団体「Whidbey Camano Land Trust」に報告されました。

その結果、このタコは正体不明の新種ではなく、カンテンダコ(学名: Haliphron atlanticus)」という非常にレアな種類と特定されています。

本種は、一般に「7本足のタコ」として知られますが、実際には8本目の足もあり、普段は体の中に隠しているとのことです。

赤いクラゲのような「カンテンダコ」

発見者の男性は、地元の取材に対し、「最初は巨大なクラゲが打ち上げられていると思いました。死んでいるのは明らかでしたが、正体が分からなかったので触ろうとしませんでした」と話しています。

確かに、ゼリー状の体にくびれのない頭部はタコに見えませんが、タコの足がはっきりと確認できます。しかし、その数は7本しか見られません。

タコ
タコ / Credit: Whidbey Camano Land Trust

男性が撮影したタコの写真は、地元の団体だけでなく、スミソニアン博物館やモントレー湾水族館研究所、アメリカ海洋大気庁(略称: NOAA)などにもシェアされました。

複数の専門家によると、カンテンダコと見て間違いないとのことです。

次ページ幻の8本目は目の下にある?

<

1

2

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!