脳を溶かす「殺人アメーバ」に6歳の児童が感染し死亡、感染経路は鼻に入った”自宅の水道水”!?

society

アメーバ(イメージ)
アメーバ(イメージ) / Credit: jp.depositphotos

今月8日、アメリカ・テキサス州レイク・ジャクソン市で、6歳の児童が自宅の水道水から”殺人アメーバ”に感染し、死亡する事故が発生しました。

その後、米疾病対策予防センター(CDC)が同市の水道水を検査した結果、11点のサンプルのうち3点にアメーバが検出されたとのことです。

これを受け、ボブ・シップル市長は26日、同市に住む約2万7000人の住民に水道水の使用禁止令を発令しています。

温かい淡水に潜む”殺人アメーバ”

殺人アメーバの正式名称はフォーラーネグレリアといい、一般に25〜35度の淡水環境に生息します。

感染経路は川や湖、プール、温泉が大半を占めており、飲用水からの感染はきわめて稀です。

フォーラーネグレリアは鼻から入ることで感染し、頭の方に潜り込んでを食い荒らします。初期症状は、嗅覚と味覚の異常、ついで吐き気や頭痛、発熱が続き、それから急速に悪化して死に至ります。

フォーラーネグレリア
フォーラーネグレリア / Credit: ja.wikipedia

フォーラーネグレリアに感染すること自体がとても珍しく、報告例も少ないのですが、致死率が非常に高いことで知られます。アメリカでは、1962年から2018年の間に145人の感染者が出ており、生存者はたったの4人です。

日本国内でも1996年に死亡例があり、検死解剖では「脳が形状を保てないほど溶けていた」と報告されています。

水の綺麗な日本でも決して油断はできません。

テキサス州8都市、水道水の使用を禁止

死亡した児童の感染経路は、自宅の庭先にあるスプリンクラーでした。児童は、症状を発症する前にスプリンクラーで水浴びをしていたことが分かっています。

おそらく、その際にフォーラーネグレリアで汚染された水が鼻に入ったのでしょう。

テキサス州は現在、州政府レベルでの緊急対応を進めており、レイク・ジャクソン市を含む8都市に水道水の使用禁止令を出しています。

専門家は「温かい環境を好むフォーラーネグレリアは、水温が上がる夏場に発生しやすい」とした上で、「温暖化の影響で、殺人アメーバは今後さらに繁殖し、感染者が増加する恐れがある」と指摘しました。

あわせて読みたい

SHARE

TAG