赤ちゃんは”どんな言語の子守唄でもリラックスできる”という研究

science_technology

子守唄と赤ん坊。
子守唄と赤ん坊。 / Credit:depositphotos

子供を安心させ、心地よく眠らせるために歌われる子守唄。

これは世界各国、さまざまな言語で存在していますが母国の言語さえまだわからない乳児にとって世界の子守歌はどのように聞こえるのでしょうか?

10月19日に科学誌『Nature HumanBehavior』で発表された研究によると、ハーバード大学音楽研究所のチームが、アメリカの乳児には馴染みのない海外の子守唄を聞かせてみたところ、乳児がみなリラックスしたと結果を報告しています。

子守唄には国境を超えた普遍的な何かがあるのでしょうか?

音楽の印象は経験に支えられているのか?

音楽で得られるリラックス。
音楽で得られるリラックス。 / Credit:depositphotos

音楽が人に与える心理的な効果は、リスナーの経験に起因するものなのでしょうか? 心理学的な音楽の基本設計が影響しているのでしょうか? ここには長年の議論があります。

では、乳児が子守唄でリラックスするのは、両親が歌っていたという経験が元になっているのでしょうか?

ハーバード大学音楽研究所の主任研究員であるサミュエル・メール氏は、そのような疑問が今回の研究の動機になったと説明しています。

研究から得られた結果は、この問いを否定するものでした。乳児の経験から見れば不慣れなメロディーと言語で歌われた異国の子守唄を聞いても、リラックス状態を示したのです。

これは乳児が歌の普遍的な要素に反応したことを示すものです。

子守唄によるリラクゼーション状態の測定実験

実験に使用されたアニメーションイメージ。
実験に使用されたアニメーションイメージ。 / Credit:Bainbridge et al.,Nature HumanBehavior(2020)

実験では、各乳児に子守唄と子守唄以外を歌っているキャラクターのアニメーションビデオを見せました。

乳児のリラクゼーション状態は、瞳孔の拡張、心拍数の変化、皮膚電気活動(皮膚の電気抵抗から覚醒や興奮の尺度を調査するもの)、まばたきの頻度、視線方向が記録され、そこから総合的に判断されました。

一般的にリラクゼーション状態は、心拍数の低下、瞳孔の拡張、皮膚電気活動が弱まるなどの反応を示します。

乳児の注意力は時間が限られており、だいたい5分程度しかもちません。理想的な実験では、子守唄を十数曲、子守唄以外を十数曲聞かせてそれぞれのデータを広く取りたいのですが、乳児の注意力は短いため、実験も短くデザインする必要がありました。

以下が実験で使用された楽曲のサンプルです。

スコットランドのハイランド地方の子守唄。

メキシコのセリ族のヒーリングソング。

 

実験に使われた楽曲は、音楽研究所の事前調査から選ばれました。

選択された曲は、スコットランドゲール語、ホピ語、西ナワトル語、ポリネシア、中央アメリカ、中東などの言語のものが含まれています。

結果、測定されたデータはいずれも子守唄を聞かせた場合に、乳児がリラックス状態にあることを示していました。

皮膚電気活動を示すデータ。青が子守唄を聞かせた場合。灰色は信頼帯。値が下がっているとリラックス状態を意味する。
皮膚電気活動を示すデータ。青が子守唄を聞かせた場合。灰色は信頼帯。値が下がっているとリラックス状態を意味する。 / Credit:Bainbridge et al.,Nature HumanBehavior(2020)

歌われている言語に馴染みがなく、知らない文化圏の音楽であっても、癒やしをテーマにした子守唄を聞かせた場合、乳児はリラックスすることができたのです。

国境を超えて伝わる音楽のイメージ

この実験とは別に、研究では両親に2つのタイプの外国の楽曲を聞かせ、どちらを使って乳児を落ち着かせたいかという選択をしてもらいました。

両親はどちらが子守唄なのか知らないで選択を行いましたが、ほとんどの場合、子守唄に分類される楽曲を選びました

これは両親も無意識のうちに、子守唄の普遍的な要素を認識していることを示します。

「騒ぐ子供を落ち着かせることは、親にとって緊急の問題です。子供を持つ人たちは、子守唄に普遍的に現れる音響的特徴を特に敏感に感じ取っているのかもしれません。なぜなら、それは子供を効率的に落ち着かせる可能性が高いからです」研究者のメール氏はそのように説明しています。

子守唄はメロディーに特徴があります。それに対してダンスソングなど他の多くのタイプの楽曲は、リズムがより特徴的になってくるといいます。

この調査結果は音楽がいかに心理的な面で効果的かを示す証拠だと、研究チームの1人ベルトロ氏は言います。

研究成果は臨床現場での音楽療法の効果を理解するためにも役立つ可能性があり、乳児のリラクゼーションを促進する効果が成人期まで続くかどうかという点も興味深い研究対象です。

今回の研究はアメリカ人が対象で行われましたが、これは異なる文化圏の人々で同じ実験を行っても同様の結果が再現される可能性があります。

チームは今後それらを検証するとともに、子守唄の特定の音響要素の何がリラクゼーションの促進に関与しているか調査を行っていく予定だと語っています。

子守唄自体にヒーリング効果があるならば、それは子供だけなくそれを歌って聞かせる親にも心理的に良い効果を発揮している可能性があります。

音楽の印象は国境に左右されないかもしれない。
音楽の印象は国境に左右されないかもしれない。 / Credit:pixabay

音楽の機能を探求するのは非常に興味深い分野です。

音楽がどこから生じて、私たちの生活の中へと浸透していったのかはとても不思議な問題でしょう。他国の音楽だとしても、私たちはそれを聞くと情緒を感じ、その曲のイメージするものが理解できたりします。

言語や文化的な背景を超えて伝わるその感覚は一体なんなのでしょうか? それは今後の研究に託される課題のようです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG