ヒトへと繋がる最初の陸上生物とは?
ヒトへと繋がる最初の陸上生物とは? / Credit: canva
paleontology

魚はどうやって陸に上がったの?「海の落ちこぼれ」が「陸のヒーロー」になるまで (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.12.11 Friday

前ページ魚の「エリート集団」と「落ちこぼれ集団」の誕生

<

1

2

>

弱点は最大の武器!「イクチオステガ」の大偉業とは?

ノロマな肉鰭類は、広大な海や流れの強い川で生きるには完全に不向きでした。

その中で、水草をかきわけながらしか生きられないような浅瀬に追いやられたのです。

メインストリームの条鰭類に比べたら、明らかに「海の落ちこぼれ」でした。

水の中をスイスイ泳ぐ魚たちを見て、くやしい思いをしたかもしれません。

ところが、彼らなりに肉厚のヒレを一生懸命動かしているうち、ヒレを手足のように使える子孫が誕生しました。

「イクチオステガ」です。

「イクチオステガ」の復元図
「イクチオステガ」の復元図 / Credit: jp.depositphotos

イクチオステガは、約3億6700万年前に出現し、4つのヒレは大地を踏みしめる手足の形にぐっと近づいていました。

そして、ついにイクチオステガは海に別れを告げ、陸上にその一歩を踏み出したのです。

水中では落ちこぼれだった魚が、「陸上生物の先駆者」になった瞬間でした。

イクチオステガの大革命から、爬虫類が生まれ、恐竜が生まれ、鳥類や哺乳類が生まれ、そしてヒトへと進化の枝葉を広げていきます。

あらゆる陸上生物は(昆虫をのぞいて)、イクチオステガのおかげで誕生したのです。

今の生活があるのはイクチオステガのおかげ
今の生活があるのはイクチオステガのおかげ / Credit: canva

偉大な進化の主役は、メインストリームではなく、「落ちこぼれ」とされる集団から生まれます。

本流にいる生き物は何も変える必要がないからです。

イクチオステガは、速く泳げないし、小回りもきかない海の劣等生でした。しかし、欠点だと思われたヒレは、「陸のヒーロー」になるための布石だったのです。

これは私たちにも言えることではないでしょうか?

自分の弱みは、視点を変えれば、どこかの世界の最大の武器なのかもしれませんね。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!