新種のクジャククモ「マラトゥス・ニモ」
新種のクジャククモ「マラトゥス・ニモ」 / Credit: Joseph Schubert
animals plants

クマノミに見える? 孔雀クモの新種を発見 ディズニーキャラにちなんで「ニモ」と命名

2021.04.01 Thursday
New Species of Dancing Peacock Spider Discovered http://www.sci-news.com/biology/maratus-nemo-09501.html Adorable New Species Of Peacock Spider Named After “Finding Nemo” https://www.iflscience.com/plants-and-animals/adorable-new-species-of-peacock-spider-named-after-finding-nemo/
A new wetland species of peacock spider from South Australia (Araneae, Salticidae, Euophryini) https://evolsyst.pensoft.net/article/64922/

オーストラリア南部で、新種のクジャクグモ(マラトゥス属)が発見されました。

顔の色と模様が、2003年のディズニー映画『ファインディング・ニモ』に登場するカクレクマノミのニモに似ていることから、「マラトゥス・ニモ(Maratus nemo)」と命名されています。

クモ界の新たなアイドルの誕生でしょうか。

研究は、3月25日付けで『Evolutionary Systematics』に掲載されています。

どのクジャククモも寄りつかない「湿地」に生息

マラトゥス属は、中国とオーストラリアに分布するハエトリグモ科の大きなグループです。

そこに分類されるクジャクグモは、全長4〜6ミリ程度で、成体のオスはカラフルな体色をしており、しばしばクジャクの羽のような装飾毛がついています。

対照的に、メスは体色が不明瞭で、明るい色をもちません。

クジャクグモの最大の特徴は、オスが求愛時に見せる華麗なダンスでしょう。

新種のマラトゥス・ニモ(以下、ニモ)は、オーストラリア南部にあるマッキンタイア山の2ヶ所と、ナングワリー町の1ヶ所で見つかりました。

ニモは全長4〜5ミリで、顔は鮮やかなオレンジ色に白のストライプが入っています。

最初の発見者は、南オーストラリア州の環境保護団体「Nature Glenelg Trust」のシェリル・ホリデイ氏です。

氏は「腹部や足は灰色の簡素な色でしたが、非常に目立つオレンジ色の顔はそれまでに見たことがなく、新種ではないかと思いました」と話します。

ニモが見つかった場所
ニモが見つかった場所 / Credit: evolsyst
「マラトゥス・ニモ」のオス
「マラトゥス・ニモ」のオス / Credit: evolsyst

それから、ホリデイ氏はフェイスブックにニモの画像を掲載。

それに同国・マードック大学のクモ学者、ジョセフ・シューバート氏が気づき、新種の特定へといたりました。

ニモの発見により、クジャクグモの総数は92種となっています。

3枚目の画像
Credit: youtube

 

シューバート氏は「ニモが見つかった場所は、不思議なことに、どれも浅瀬の沼地植物の上にできる短期間しか存在しない湿地帯でした。

これほど湿度の高い場所に生息するクジャクグモは他にいないので、詳しく生態を調査する必要がある」と述べています。

また、ニモがどんな求愛ダンスをするのかも気になるところです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!