未熟児を抱くマーティン・クーニー氏
未熟児を抱くマーティン・クーニー氏 / Credit: New York Public Library
medical

奇跡の実話。死ぬ運命だった6500人の子どもをたった1人で救った「ニセ医者」 (3/3)

2021.04.09 Friday

This Fake Doctor In The Early 20th Century Used Premature Babies For People’s Entertainment And Saved 6,500 Lives https://www.boredpanda.com/baby-incubators-entertainment-coney-island/?utm_source=inoreader&utm_medium=referral&utm_campaign=organic

小児医療の価値観を変革したニセ医者

彼の奇抜な活動により、アメリカの小児医療界に「保育器」の存在が大きく知れ渡るようになりました。

そしてついに、クーニーが願っていたように、病院側は生まれてきた未熟児を放置せず、延命措置を取るようになったのです。

展示の様子
展示の様子 / Credit: New York Public Library

1940年代初め、クーニーは保育器の展示会活動を終了しています。

この偉大な功績にもかかわらず、当時の医師たちは彼を「単なるショーマンだ」とし、プロの医療従事者とみなすことはありませんでした。

その後、マーティンは表舞台から姿を消し、1950年代に80歳で亡くなっています。そのとき、彼の懐にはわずかの財産も残されていなかったそうです。

結局、マーティンは展示を行なった十数年の間に、6500人を越える未熟児たちを病院から預かり入れました。

死に際し、手元に遺産は残らなかったものの、彼は6500以上の尊い命をあとに残し、この世を去っていったのです。

この記事は、2019年10月18日掲載の記事を再編集したものです。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!