未熟児を抱くマーティン・クーニー氏
未熟児を抱くマーティン・クーニー氏 / Credit: New York Public Library
medical

奇跡の実話。死ぬ運命だった6500人の子どもをたった1人で救った「ニセ医者」 (2/3)

2021.04.09 Friday

This Fake Doctor In The Early 20th Century Used Premature Babies For People’s Entertainment And Saved 6,500 Lives https://www.boredpanda.com/baby-incubators-entertainment-coney-island/?utm_source=inoreader&utm_medium=referral&utm_campaign=organic

「未熟児」を展示して治療費を稼ぐ

クーニーはなんと、保育器に未熟児を容れて、一般客への展示会を開いたのです。

彼が最初に展示会をしたのは1896年にドイツ・ベルリンでのこと。その後、数度の展示会のため各国を回り、1903年にアメリカに腰を落ち着けることになります。

ここまで聞くとかなり不謹慎にも思えますが、彼は一般客から徴収したお金をすべて未熟児の治療費に当てたのです。

展示をするクーニー医師(左)、当時の記事(右)
展示をするクーニー医師(左)、当時の記事(右) / Credit: New York Public Library

病院が放棄した未熟児を受け入れて、保育器の中で延命措置をするには多くの費用がかかりました。

保育器1台あたりの維持費は当時にして15ドル/日、現在の価値に換算すると、1日400ドル(4万円以上)かかることになります。

そこでクーニーは、展示客一人あたり25セントを徴収し、それを維持費に回したのです。

この展示会はたちまち人気を集め、多くの一般客が集いました。

次第に彼は、人々から「保育器ドクター(the incubator doctor)」とあだ名されるようになります。

次ページ小児医療の価値観を変革したニセ医者

<

1

2

3

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!