なぜO型はケガでの死亡率が一位なのか

biology 2018/05/02

Point
・重い外傷での死亡率はO型が一番高いことが判明
・O型は他の血液型に比べ、血が固まりにくいため
・日本人以外に適用されるかは不明

 

血液型占いでなく、医学的なお話です。

東京医科歯科大学研究チームによると、重い怪我で救急搬送されたO型の患者は死亡率が28%にものぼることがわかりました。O型は他の血液型に比べ血が固まりにくい傾向があり、大量出血のリスクが高いとのこと。研究論文は2日、専門誌“ Critical Care”に掲載されています。

The impact of blood type O on mortality of severe trauma patients: a retrospective observational study
https://ccforum.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13054-018-2022-0

研究チームは2013年〜2016年にかけて、入院が必要な重いけがで同大学病院など2病院に運ばれた患者901人のデータを分析。死亡率は他の血液型の11%に比べ、O型のみ28%と高い水準であることがわかりました。

過去の研究によると、O型の人は血液中の凝固因子と呼ばれるタンパク質の一種が少なく、血液が固まりにくい傾向があります。他の血液型と死亡率に差がでたのは、これが原因だと考えられています。

ただ今回の研究で分析されたデータは、すべて日本人のもの。この結果が他の人種にも適用されるかについては、さらなる研究が必要です。

 

O型の人にとっては恐ろしいニュースですが、落ち込む必要はありません。その分、膵臓がんとコレラで死ぬリスクは、他の血液型より低いようです…。とりあえず、怪我にはくれぐれもご注意くださいね。

 

脳にホログラムを投影して、「失った感覚」を取り戻せる技術が発明される

 

via: eurekalertccforum / translated & text by nazology staff

 

関連記事

25年間ヘビの毒を趣味でキメてきた男、その体が血清の宝庫となってしまう

なんで血は赤いのに血管は青く見えるの?

「砂糖で傷の治りが早くなる」アフリカの習慣から判明

頭の怪我でワルくなる? 60%の囚人に頭部の負傷、科学者が犯罪の原因と主張

 

SHARE

biologyの関連記事

RELATED ARTICLE