笑気ガスでうつ症状が緩和
笑気ガスでうつ症状が緩和 / Credit: jp.depositphotos
medical

難治性のうつ症状に「笑気ガス」が有効だと明らかに

2021.06.10 Thursday

Laughing gas may treat depression, small study suggests https://www.livescience.com/laughing-gas-treats-depression.html Study Finds Low Doses of “Laughing Gas” a Fast, Effective Treatment for Severe Depression https://scitechdaily.com/study-finds-low-doses-of-laughing-gas-a-fast-effective-treatment-for-severe-depression/
A phase 2 trial of inhaled nitrous oxide for treatment-resistant major depression https://stm.sciencemag.org/content/13/597/eabe1376

亜酸化窒素は、人が吸入すると、陶酔作用や多幸感を誘発することから、「笑気ガス(laughing gas)」と言われます。

今回、セントルイス・ワシントン大学 (Washington University in St. Louis)の研究により、笑気ガスに、標準的な治療法に強い抵抗性を示すうつ病を緩和する効果があることが判明しました。

研究は、6月9日付けで『Science Translational Medicine』に掲載されています。

うつ病患者の3分の1は、通常の治療法で効果なし

専門家によると、うつ病患者の3分の1(アメリカでは最大1700万人)が、脳内のセロトニンおよびノルアドレナリン受容体を刺激する標準的な抗うつ治療に反応しないことが分かっています。

本研究には参加していませんが、米・スタテンアイランド大学病院(Staten Island University Hospital)の精神科医、ティモシー・サリバン氏は「現在の最高の投薬治療をもってしても、うつ症状の改善が見られない患者が多数いる」と指摘。

「治療抵抗の強いうつ病に対しては、脳に電極を埋め込む脳深部刺激法や、ペースメーカーのような装置を埋め込む迷走神経刺激法などがありますが、どれも簡単ではありません。

そのため、利用しやすくて、効果の高い新たな治療法が必要とされている」と述べています。

その一つとして、ケタミン麻酔薬)の一種である「エスケタミン」が注目されています。

一部ではありますが、治療抵抗性うつ病の症状緩和にも成功しており、2019年には、アメリカ食品医薬品局(FDA)により抗うつ薬として承認されました。

エスケタミンは、受容体の一種である「NMDA型グルタミン酸受容体」に結合することで作用します。

この同じ受容体に結合することで知られているのが、笑気ガス(亜酸化窒素)です。

そこで、セントルイス・ワシントン大学のチャールズ・コンウェイ氏と、シカゴ大学(University of Chicago)のピーター・ナーゲレ氏は「笑気ガスに、治療抵抗の強いうつ病に対する高い緩和効果があるのではないか」と仮説を立て、実験を開始しました。

次ページ低濃度の「笑気ガス」でうつ症状が緩和!

<

1

2

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!