バジルに含まれる天然化合物にアルツハイマー予防の効果が見つかる
バジルに含まれる天然化合物にアルツハイマー予防の効果が見つかる / Credit: jp.depositphotos
health

バジルの天然化合物に「アルツハイマーの予防効果」があった (2/2)

2021.10.09 Saturday

前ページ発症原因となる「アミロイドベータの蓄積」を減らすには?

<

1

2

>

バジルに含まれる「フェンコール」がアミロイドベータを減少させる

スクリーニングの結果、チームは、15種類の有力な候補を特定。

その中から、SCFAに最も近い化合物を調べたところ、バジルの芳香をもたらす植物由来の天然化合物「フェンコール」が、FFAR2の活性部位に結合し、シグナル伝達を促進する能力に優れていることが分かりました。

さらに、ヒトの神経細胞の培養、線虫やアルツハイマー病のマウスモデルを対象とした実験で、フェンコールは、FFAR2シグナルを刺激することで、アミロイドベータの過剰な蓄積と神経細胞の死を有意に減少させたのです。

それから、フェンコールがアミロイドベータによる神経毒性をどう制御するか調べてみると、アルツハイマー患者のでよく見られる「ゾンビ細胞(=老化した神経細胞)」も減少させることが明らかになりました。

フェンコールの働きにより、ゾンビ細胞は複製を停止し、ゆっくりと死滅していったのです。

ハーブに含まれる天然化合物「フェンコール」がアミロイドベータの蓄積を抑制する
ハーブに含まれる天然化合物「フェンコール」がアミロイドベータの蓄積を抑制する / Credit: pixabay

以上の結果から、フェンコールには、腸内由来の代謝物であるSCFAと同様に、アミロイドベータを減らしてアルツハイマーを予防する有益な効果があることが示されました。

研究主任のハリオム・ヤダフ(Hariom Yadav)氏は、次のように述べています。

「アルツハイマー予防のため、スパゲッティにバジルを大量に入れる前に、人を対象とした臨床試験を実施しなければなりません。

また、フェンコールの効果的な摂取方法も特定する必要があります。

バジルをそのまま食べた方が良いのか、バジルからフェンコールだけを分離して錠剤にした方が良いのか。

あるいは、鼻腔スプレーとして、フェンコールを最短距離で脳に届けた方が良いのか。

実用化には解決すべき問題がたくさん残されています」

ただ、バジルには、ビタミンEやカルシウム、ベータカロテンなど、栄養素が豊富に詰まっているので、今のうちに食べておいても損はしないでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

健康のニュースhealth news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!