ゾンビ化して死姦させるヤバめの真菌の媚薬成分を解明!
ゾンビ化して死姦させるヤバめの真菌の媚薬成分を解明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
insect

胞子まみれになったメスの死体をオスに死姦させる真菌の媚薬成分を解明!

2021.11.04 Thursday

A pathogenic fungus uses volatiles to entice male flies into fatal matings with infected female cadavers https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2021.10.21.465334v1.full

ゾンビ化に加えて死姦させる菌がいるようです。

スウェーデン農業科学大学(SLU)で行われた研究によれば、「E. muscae」と呼ばれる真菌は、ハエのメスをゾンビ化して殺した後に、オスに死姦させることで感染を広げていることが確認されました。

真菌は媚薬となる化学物質を分泌することで、オスを引き付け、胞子(分子生)まみれになったメスの死体との死姦を行わせていたようです。

研究内容の詳細は10月22日にプレプリントサーバーである『bioRxiv』に公開されています。

ゾンビ化して死姦させるヤバめの真菌

寄生されて死んだメスの死体を死姦するハエの様子
寄生されて死んだメスの死体を死姦するハエの様子 / Credit:Andreas Naundrup et al . A pathogenic fungus uses volatiles to entice male flies into fatal matings with infected female cadavers . bioRxiv (2021) (閲覧注意 モザイク無し画像はこちら

昆虫に感染する類は、さまざまな方法で子孫を広げようと進化してきました。

そんな中でもっとも強烈な進化を果たしたうちの1つが、昆をゾンビ化する菌たちです。

ゾンビ化菌は昆虫の脳を支配して、目立つ場所に誘導したり、交尾を促したりすることで、感染者を増やすことが可能です。

セミに寄生し、性行為でパートナーを次々にゾンビ化させる菌が怖い。

しかし「E. muscae」と呼ばれるハエに感染するゾンビ化菌は少し様子が違いました。

E. muscaeはメスのハエに感染すると脳を支配し、メスを高い場所に誘導します。

そしてメスが高所にたどり着くと、翅を上方に向けるように広げさせ、そのままの姿勢を維持したまま殺害します。

高い場所にメスを移動させて翅を広げることで、胞子を風に乗せやすくなるためだと考えられます。

ですがE. muscaeはここからが異なります。

通常、宿主が死ぬとゾンビ化菌は宿主の体を苗床(栄養源)として利用するに留まります

ゾンビ化菌といえど、死んだ宿主は操作のしようがないからです。

しかしE. muscaeによって殺されたメスの死体は、食べ尽くされる前に、もう一仕事が求められました。

メスの死後24時間が経過したころ、次々にオスが群がり、死体との交尾(死姦)をはじめます

ですがそれは死の罠でした。

E. muscaeによって殺されたメスの体の表面は胞子(分子生)でビッシリと覆われており、死姦したオスもまたE. muscaeに感染して命を落とすことになるのです。

スウェーデン農業科学大学の研究者たちが調査を行った結果、E. muscaeによって殺されたメスの死体に対してオスが交尾を試みる回数は、生きている健康なメスに対する場合と比べて5倍にも上ることが判明します。

この結果は、E. muscaeによって殺されたメスの死体はオスにとって、生きている健康なメスよりも遥かに魅力的であることを示します。

問題は、その理由です。

E. muscaeはいったいどんな手段で、オスを誘惑していたのでしょうか?

次ページ生きているオスの脳も操作して輪死姦を発生させる

<

1

2

3

>

昆虫のニュースinsect news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!