ゾンビ化して死姦させるヤバめの真菌の媚薬成分を解明!
ゾンビ化して死姦させるヤバめの真菌の媚薬成分を解明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
insect

2021.11.04 Thursday

胞子まみれになったメスの死体をオスに死姦させる真菌の媚薬成分を解明! (3/3)

前ページ生きているオスの脳も操作して輪死姦を発生させる

<

1

2

3

>

死姦を起こす媚薬は単一成分ではない

人間にとっては天然のハエ取り装置である
人間にとっては天然のハエ取り装置である / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究により、真E. muscaeがハエのメスをゾンビ化させて殺害し、オスに死姦させるメカニズムが解明されました。

E. muscaeはメスの死体を材料にオスを誘惑する化学物質を合成し、オスに死姦させることで胞子の拡散を手伝わせ、最終的にはオスも殺して新たな苗床にしていたのです。

また化学分析によりE. muscaeによって分泌される化学物質は長距離用の揮発性化合物(セスキテルペンなど)と短距離用のクチクラ炭化水素(メチル分枝アルカンなど)にわかれて、効率よくターゲットを引き込んでいることがわかりました。

つまりE. muscaeの放つ媚薬は単一成分ではなく複合材料から構成されていたのです。

研究者たちはE. muscaeが合成する化学物質を解明することで、昆虫の行動を操作できる薬品を開発できると考えています。

人間にとっては害でしかないハエも、ゾンビ化や死姦を強制されていると思うと、少し哀れに思えてしまいますね。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

昆虫のニュースinsect news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!