シドニーで謎のクリーチャーを発見
シドニーで謎のクリーチャーを発見 / Credit: _harryhayes/Instagramより
biology
Bizarre Tiny Creature Found in Sydney After Heavy Rainfall Remains Unidentified https://www.sciencetimes.com/articles/36446/20220305/watch-bizarre-creature-found-sydney-heavy-rainfall-biologists-try-identify.htm Bizarre ‘Alien’ Creature Found After Rainfall. It Has Stumped Biologists https://www.ndtv.com/offbeat/bizarre-alien-creature-found-after-rainfall-it-has-stumped-biologists-2798375

2022.03.07 Monday

大雨直後のオーストラリアで「謎のクリーチャー」を発見!生物学者も困惑

ここ数日、オーストラリアの多くの地域が記録的大雨と洪水に見舞われています。

そんな中、大雨直後のシドニーで、謎のクリーチャーが発見されました。

濡れた路面に横たわるその姿は、オタマジャクシやイカのようですが、どちらともまったく違います。

謎のクリーチャー画像はまたたく間にSNS上で拡散されましたが、それを見た生物学者ですら、何なのか見当がつかないという。

果たして、その正体とは…?

ナゾロジーチャンネル動画公開中

物理的には存在しない色!?「非スペクトル色」とは?

謎のクリーチャー、生物学者も正体わからず…

クリーチャーが発見されたのは、同国南東部ニューサウスウェールズ州シドニーの郊外に位置する町マリックヴィル(Marrickville)。

地元在住の男性ハリー・ヘイズ(Harry Hayes)さんは、先月28日(月曜)の朝、ジョギングをしていた際に、路面に横たわる奇妙な生物を見つけたという。

シドニーも大雨に見舞われていましたが、この場所は洪水地域からは外れていました。

見たこともない生物の姿に困惑したヘイズさんは、すぐに動画を撮影し、Instagramに投稿しています。

それがこちら。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_harryhayesがシェアした投稿

すでに死んでいるようですが、かなり固いらしく、枝でつついても地面から剥がれる様子がありません。

ヘイズさんは「私の直感では、何らかの生物の胚だと思いますが、エイリアンかもしれない」と話します。

謎のクリーチャーの画像はTwitterを含むSNS上に拡散され、大きな反響を呼びました。

中には、コロナパンデミックやロシアによるウクライナ侵攻など、最近は世界の終末を想起させるような異常事態が多いため、「宇宙から来た地球外生命体ではないか」と考え出る声も多く見られたようです。

しかし、謎の生物発見の報告の多くは専門家から見ると、すぐに説明のつくものある場合がほとんどです。

今回も、専門家が分析すればすぐに正体は明らかになるのではないでしょうか?

実際、SNSで拡散されたこの画像は生物学者の目に留まりました。

ところが、いずれの専門家も、現在のところ画像からではその正体は判断できないようです。

オーストラリアの環境活動家エリー・エリッサ(Ellie Elissa)氏は当初、ポッサムかムササビの胚だと考えましたが、それらに見られる特徴がなく、同僚の賛同も得られなかったと話します。

海の渦に乗って飛んできた説も

他に、シドニー大やニューサウスウェールズ大の生物学者らもこの画像を確認しましたが、結果は同じでした。

ただ水生生物が雨と一緒に降ってくる理由としては、「ウォータースパウト」の可能性が考えられます。

ウォータースパウトとは、水面上に発生する円柱状の強い渦のことで、これにより水生生物が巻き上げられ、陸に飛んでくることがあるという。

これまでにも、ある種の魚やカエルクラゲ、ヘビなどが渦によって飛んできた例があります。

フロリダ州で発生したウォータースパウト
フロリダ州で発生したウォータースパウト / Credit: ja.wikipedia

もしウォータースパウトが原因であれば、サメイカの胚が有力ですが、画像の情報だけでは完全に特徴を一致させることができないようです。

正確なことを知るためには、この生物を直接専門家が鑑定し、DNA分析を試みなければならないでしょう。

しかし、通行人が撮影しただけのこの生物は、もうどこかへいってしまったかもしれません。

これがただのフェイクなのか、大雨によって姿を現した新種生物なのか、地球の異常事態の隙を見てやってきたエイリアンなのかは、いまのところ不明なままです。

今後も議論が続きそうです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!