マンボウの世界最重量レコードを更新!
マンボウの世界最重量レコードを更新! / Credit: Atlantic Naturalist – The heaviest fish in the world a giant sunfish of 2744 kg from the Azores(youtube, 2022)
animals plants
‘Majestic’ 3-ton sunfish sets a new world record for largest bony fish ever discovered https://www.livescience.com/heaviest-bony-fish-ever-recorded
The heaviest bony fish in the world: a 2744 kg giant sunfish Mola alexandrini (Ranzani, 1839) from the North Atlantic https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jfb.15244

2022.10.17 Monday

驚異の2.7トン!「世界最大の硬骨魚」の記録を更新する巨大マンボウを発見

このほど、”世界最大のマンボウ”のギネス記録が更新されました。

海洋保護・研究団体「Atlantic Naturalist」のチームは、2021年12月9日、ポルトガルのアゾレス諸島のひとつ、ファイアル島の沖合で、巨大マンボウの死体が浮かんでいるのを発見しました。

マンボウ属(Mola)には現在、「マンボウ(Mola mola)」「ウシマンボウ(Mola alexandrini)」「カクレマンボウ(Mola tecta)」の3種のみが知られていますが、今回見つかったのは、ウシマンボウの個体です。

フォークリフトを用いた体重測定の結果、重さは2744キロに達することが判明。

それまでの最重量記録である2300キロ(1996年に千葉県鴨川市沖で発見されたウシマンボウ)を大幅に塗り替える大記録となりました。

報告の詳細は、2022年10月11日付で学術誌『Journal of Fish Biology』に掲載されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

月はいずれ地球からなくなる!? そのとき地球への影響は?

デカすぎる…!現在の世界記録を400キロ以上も更新

マンボウは、世界各地の熱帯〜温帯の海に生息し、現生する「硬骨魚類」のなかで、最も重い種として知られます。

硬骨魚類とは、骨格の全体が硬骨でできており、マグロ・イワシ・サケなど、地球上にいる魚類の大部分を占めるグループです。

反対に、骨格もおもに軟骨からなる「軟骨魚類」には、サメやエイなどが分類されます。

このたび、硬骨魚類の最重量記録を塗り替えたのは、マンボウ属のなかでも特に大きいことで有名な「ウシマンボウ」の個体です。

ファイアル島を拠点とする研究チームは、昨年12月、同島の沖合で調査をしている際に、巨大マンボウの死体が横たわった状態で水面に浮いているのに遭遇しました。

水面に浮かんでいるところを発見!
水面に浮かんでいるところを発見! / Credit: Atlantic Naturalist – The heaviest fish in the world a giant sunfish of 2744 kg from the Azores(youtube, 2022)

水揚げ後、フォークリフトによる身体計測を行ったところ、体高約3.6メートル、全長約3.25メートル、体重2744キロに達することが判明しています。

同チームの海洋生物学者であるホセ・ヌノ・ゴメス=ペレイラ(José Nuno Gomes-Pereira)氏は、このマンボウについて、「まさに荘厳で、威厳のある標本(majestic specimen)だ」と評します。

また、「死体の写真だけでは、それが水中でどれがけ雄大に見えたかを正しく伝えることはできない」と付け加えました。

ヌノ氏と、ウシマンボウを囲む研究チーム(後ろ)
ヌノ氏と、ウシマンボウを囲む研究チーム(後ろ) / Credit: Atlantic Naturalist – The heaviest fish in the world a giant sunfish of 2744 kg from the Azores(youtube, 2022)

ウシマンボウは普段、水深0〜600メートルの間を行き来しており、大量のクラゲを主食としています。

クラゲはほぼ水分で、栄養価に乏しいのですが、数が多い上に捕食するのが簡単なので、のっそり泳ぐマンボウには最適な食料です。

水面に上がってきた際は、ペタッと横たわって日光浴をします。

これは、深海で冷えた体を温めるため、体に酸素を供給するため、カモメを呼んで全身の寄生虫を食べてもうらため、といった理由が指摘されています。

2744キロで世界記録を更新!
2744キロで世界記録を更新! / Credit: Atlantic Naturalist – The heaviest fish in the world a giant sunfish of 2744 kg from the Azores(youtube, 2022)

今回、水揚げされたウシマンボウの全身を調べたところ、頭部に大きな打撲の痕が見つかったという。

この傷跡は、マンボウが船体か何かに頭をぶつけて死んだことを示唆する一方で、死んだ後に頭をぶつけただけの可能性もあると推測されました。

マンボウは、その巨体やデリケートさゆえに飼育研究が困難な生き物であり、生態についても多くが謎に包まれています。

研究チームは現在、ウシマンボウの胃の内容物やDNAサンプルを採取し、分析にかけているとのことです。

水揚げ時や体重測定の様子は、こちらで公開されています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!