好きな香りを簡単に閉じ込める方法。「あの人の香りも…!?」

science_technology 2018/03/31

五感の中でも、最も脳の記憶を呼び起こしやすい「嗅覚」。また良い香りは脳のα波も増加させる実証されており、そのリラックス効果は折り紙付きです。

もし自分の大好きな果実の匂いや、気になるあの人の匂いを持ち運べたら、365日ハッピーなのでは…?そこで今回ご紹介するのは「家でも簡単に香りを液体に変えて持ち運べる方法」です。

ところで最近、こんなニュースが報じられました。

この記事の実験で使用されたのは、「女性が1日着用した1枚の布」。つまり、気になるあの人の1枚の布をゲットすれば、いつでも匂いをかいでリラックスできるわけです。

 

冗談はさておき、早速実際に作り方を見ていきましょう。用意するものはこちら。

  1. フタ付き鍋と口の大きいビン
  2. 好きな香りのするもの(動画内では果実の皮を使っています)

まずはじめに、鍋にコップ2杯分の水を入れます。

その鍋を中火で加熱します。

次に大さじ一杯分の好きな香りのするものを入れます。

ビンを鍋の中央に置きます。

鍋フタを逆さにした状態で鍋に蓋をします。

そのフタの上に氷を置きます。

そして、10分間水を煮沸させて、火を消します。

火傷しないように気をつけながらフタを取り、鍋にあるビンを取り出します。フタもビンも熱いので十分気をつけましょう。

ビンを冷まして液体が溜まったら完成です。いい香りを閉じ込めることはできたでしょうか。

 

どうして香りを液体に変えることができるの?

私たちに香りをもたらすのは、物質の分子。

私たちが日常で嗅いでいる香りのほとんどは、分子が自由に動く気体、つまり気温で蒸発する揮発性の分子です。

まず香りのするものを水と一緒に煮ると、その香りを持つ揮発性の分子が蒸発します。すると、蒸発した水の分子と混ざります。水には、蒸発したときに揮発性の分子と混合することで抽出する役割と、ビンの中でいい香りのする物質を熱から守る役割があります。

そしてその蒸気が上昇し、氷を置いたフタに当たることで冷やされて水滴になります。その水滴が溜まってビンの中に落ちることで、香りを液体にすることができるのです。

 

果物や花の香りを液体にしたり、人の香りをつくってみたり、香りを組み合わせたりと、楽しみ方は様々。

みなさんも、自分のお気に入りの香りを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

via:The Kid Should See This,Science Friday/ translated & text by Nazology staff

 

関連記事

謎だった「回る卵が起き上がる現象」が解明されたので、実際にやってみた

25年間ヘビの毒を趣味でキメてきた男、その体が血清の宝庫となってしまう

狂気の「インスタント安楽死マシン」をフリー配布するとんでもない計画が発表される

SHARE

science_technologyの関連記事

RELATED ARTICLE