animals plants

イカのタンパク質から傷を1秒で”自己修復する新素材”が開発される。 (3/3)

2020.07.28 Tuesday

生物の体を部品にする

1枚目の画像
合成生物学の進歩により生物の特性を持つ材料を作られるようになった/Credit:Nature Materials

今回の研究により、自然に存在する生物の体は、新素材の宝庫である可能性が示唆されました。

様々な生物がつくる多様な構造を、遺伝学的な手法で改良することにより、これまでの非生物学的な素材では実現不可能であった特性を材料に取り込むことができるかもしれないのです。

またこれら改良素材は、生物の体を建材や部品として利用するために、廃棄する場合も環境に悪影響が少ないでしょう。

今回の研究で作られたイカの環歯を元にした新素材も、構成材料が全てタンパク質であるために、酢につけるだけで簡単に分解できるとのこと。

将来的には、全身を自己修復素材で作ることにより、どんな損傷からも即座に回復する無敵ロボットも作成可能になると考えられます。

研究内容は米国陸軍戦闘能力開発司令部の一部門であるアメリカ陸軍将来コマンドの支援の元、マックスプランク研究所のAbdon Pena-Francesch氏らによってまとめられ、7月27日に学術雑誌「Nature Materials」に掲載されました。

Biosynthetic self-healing materials for soft machines
https://www.nature.com/articles/s41563-020-0736-2
【編集注 2020.07.29 10:10】
記事内容に一部誤りがあったため、修正して再送しております。
reference: sciencedaily / written by katsu

食べるなキケン!絶対に「イカの精子」を食べてはいけない理由とは

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!