画像
credit: depositphotos
report

星のソムリエ®が選ぶ、今月の星の見どころベスト3【2020年9月】 (5/5)

2021.01.27 Wednesday

2020.08.31 Monday

前ページ★Challange.9月下旬~くじら座の変光星ミラと火星の共演が見られるかも

<

1

2

3

4

5

>

先月の「ベスト3」実際にどう見えた? レポート

今回のレポートでは、木星、土星、火星、金星が月と一緒に写っていることで、惑星の明るさの比較がよくできますので、そこにもご注目ください。

8月の星の見どころ」から、まず観測を行ったのは、Best2にあげた、8月2日(日)の「土星&木星と月の3天体が共演」です。

月が明るいので、惑星単独で見たときほどのキラキラ感は減少してしまいますが、それでも負けないのは、さすが惑星。

画像
Credit: ofugutan(8月2日20時頃撮影)月の左上に土星、右上に木星

また、Best2であわせて言及していた、「下弦の月と、火星が視野5度内に接近」も、雲がほんのりかかっていましたが、観測することができました。

画像
Credit: ofugutan(8月9日23時50分頃撮影)月の右上にあるのが火星

次に観測したのは、Best1の「明け方の空に金星と細い三日月が並ぶ」です。8月15日(土)と16日(日)に見られましたが、三日月の内側に金星が位置して、より絵になる16日(日)を狙いました。

観測を始めた日の出1時間前は雲がかなり多く、よく見えませんでしたが、だんだん雲が薄くなって美しい姿を観測できました。

画像
Credit: ofugutan(8月16日3時40分頃撮影)月の右上に金星、と説明が不要なほど目立っている

少しぼやっとはしていますが、幻想的と言えるかもしれません。金星は非常に明るいため、空が白んできても長い時間見え、空のグラデーションの変化ともに楽しめるのも魅力です。

画像
Credit: ofugutan(8月16日4時15分頃撮影)

最後にBest3の「ペルセウス座流星群の極大」の観測を12日(水)~13日(木)と行いましたが、世の中では一番話題になっていたものの、筆者のいる都内の天気はあまり良くありませんでした。

12日(水)の夜空は一部を除き雲に覆われていて、夜通し観察するのは現実的ではありませんでした。そして、13日(木)も数時間観測に挑戦したものの、見られたのは1つでした。

画像
Credit: ofugutan(8月13日23時頃撮影)空はこのような感じでした。なお、極大日には雲がかかっていました。

今月は、2018年の大接近に準じるほど地球に接近して非常に輝く火星と、まだまだ明るい木星、土星を一度に観測することができます。そうそうあるチャンスではないので、見逃さないようにしましょう。

また、来月の10月1日(木)は、中秋の名月となります。気候的に長時間夜空の下にいても心地よい季節になっていきますので、ゆっくりと星を見上げる時間をとってみてはいかがでしょうか。

<

1

2

3

4

5

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

レポートのニュースreport news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!