日本の研究者によりカビ菌の菌糸の上を細菌が高速道路として利用し通行料金も支払っていることが判明した
日本の研究者によりカビ菌の菌糸の上を細菌が高速道路として利用し通行料金も支払っていることが判明した / Credit:Life Science Alliance
fungi

2021.01.27 Wednesday

2020.10.03 Saturday

細菌はカビ菌糸の「高速道路」を移動して「通行料」も払っていた (3/4)

前ページ高速道路は利用されると成長が加速していた

<

1

2

3

4

>

通行料金はビタミンB1

高速道路のお代はビタミンB1(チアミン)で結構
高速道路のお代はビタミンB1(チアミン)で結構 / Credit:筑波大学

単細胞型の細菌の動きを分析した結果、「通行料金」の正体が判明しました。

単細胞型の細菌は菌糸の高速道路を降りる直前に、栄養素として有名なビタミンB1(チアミン)を分泌し、分泌されたビタミンB1はカビの菌糸内部に取り込まれていることがわかりました。

ビタミンB1はカビ菌にとっては貴重な成長因子であり、受け取ることによって、さらなる菌糸の成長が可能になり、新たな生活空間とエサの探求に乗り出すことが可能になります。

また菌糸が伸びることは高速道路が延長されることを意味するため、利用する細菌にとっても大きな利点になります。

両者は偏った片利共生ではなく、対等な共生関係にあったのです。

次ページ少しずつもらい、少しずつ与える。さもなければ…修羅の道

<

1

2

3

4

>

菌のニュースfungi news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!