”首長竜の子ども”をエサにしていた「新種の古代ワニ」を発見!(スペイン)

paleontology

新種ワニの復元イメージ
新種ワニの復元イメージ / Credit: nature
reference: sci-news, novataxa

スペイン・バルセロナ自治大学の最新研究により、約7150万年前の白亜紀後期に生息していた新種のワニの化石が発見されました。

新種ワニは、新たに「オグレスクス・フュラトゥス(学名: Ogresuchus furatus)」と命名されています。

また、9月17日付けで『Scientific Reports』に掲載された報告によると、新種の化石は、首長竜であるティタノサウルスの営巣地から出土しており、その子どもをエサにしていたと見られます。

ワニなのに手足が”真下”に生えていた

新種の化石は、スペイン北東部・カタルーニャ州にある「エル・ミラドール発掘所」で発見されました。

歯や頭蓋骨の一部、背骨、脚の骨が見つかっており、そこからワニ目セベコクスク亜目のセベクス科に属する新種と特定されています。

セベクス科のワニは白亜紀に種が多様化しましたが、中新世(約2300万年〜約500万年前)までには絶滅しました。

既知の化石から察するに、中型の肉食恐竜とも戦えるレベルの捕食生物だったようです。

発見された新種ワニの骨
発見された新種ワニの骨 / Credit: nature

ところが、発見された新種の個体は、全長約1.1メートル、体重9キロほどと小さく、セベクス科の中では最小かつ最軽量となっています。

面白いのは、現生のワニと違って、手足が体側ではなく真下に生えていることでした。

研究主任のアルバート・セレス博士は「この身体的な特徴により、4つ足の哺乳類のように身軽に移動することで、現生のワニよりずっと効率的に狩りをしていたでしょう」と指摘しています。

首長竜の赤ちゃんを食べていた?

また、新種の化石が見つかった地層は、首の長い「ティタノサウルス」という竜脚類の営巣地として知られ、骨が多数出土しています。

ティタノサウルスは、メスが後ろ足で穴を掘って、そこに25個前後の卵を産み、草や砂を被せて隠す習性で知られます。

そのことから、研究チームは「新種ワニが営巣地を嗅ぎつけて、卵や生まれたばかりのティタノサウルスを餌食にしていたのではないか」と推測しました。

ティタノサウルスの巣作り
ティタノサウルスの巣作り / Credit: ja.wikipedia

これとは別に、新種ワニは、セベクス科の中で最初期に登場した種の可能性が高いようです。

セレス博士は「既知のセベクス科の生物より1000万年は古く、科全体の進化史を理解するための貴重な資料となる」と話しています。

こちらの図は、セベコクスク亜目とセベクス科の進化の流れを示した図です。

「セベコクスク亜目」と「セベクス科」の進化図
「セベコクスク亜目」と「セベクス科」の進化図 / Credit: nature

一番左上に「セベコクスク亜目」が位置し、およそ1億5000万年前に出現したと見られます。

セベクス科の派生は約1億年前と推定され、今回見つかった新種ワニは9000万年前に現れたと考えられています。シルエットで記したワニの下から2番目が、新種の「オグレスクス・フュラトゥス」です。

ゴンドワナ大陸の分裂前に出現したため、もしかしたらアフリカやインドにも新種の骨が眠っているかもしれません。

あわせて読みたい

SHARE

TAG