1万年以上前の「母と子どもの足跡の化石」から親子がたどった旅路が明らかに

history_archeology

足跡化石から伺える子供を抱え足早に荒野を進む女性の想像図。
足跡化石から伺える子供を抱え足早に荒野を進む女性の想像図。 / Credit:Bournemouth University

探偵学において、足跡の鑑定ほど重要でありながら忘れられている技術はない」

これは世界一有名な探偵シャーロック・ホームズの台詞ですが、古生物学の世界にはホームズも唸るような足跡鑑定技術を持つ研究者たちが大勢います。

科学誌『Quaternary Science Reviews』のVolume 249に掲載されたイギリス・ボーンマス大学の研究では、これまで発見された中で最長となる約1.5kmにも及ぶ先史時代の人間の足跡について詳細な分析を報告しています

その足跡は、おそらく女性のものと思われ子供を抱えてかなり急いで荒野を進んでいたようです。

そこにはもはや知るすべのない古代の物語が隠されているのかもしれません。

ぬかるんだ泥に残された最長の足跡

発見された足跡。(左)はっきり確認できる足跡の1つ。(中央)子供を一旦降ろしたような跡。(右)足跡のサイズからは小柄な女性だったと推測される。
発見された足跡。(左)はっきり確認できる足跡の1つ。(中央)子供を一旦降ろしたような跡。(右)足跡のサイズからは小柄な女性だったと推測される。 / Credit:M Bennett, Bournemouth University

今回報告された足跡はアメリカ・ニューメキシコ州のホワイトサンズ国立公園から発見されました。

足跡はブラヤ湖の湖底から見つかっています。プラヤ湖というのは、雨が降ったときだけできる一過性の水域のことで、普段は砂や粘土に覆われた平らな土地です。

この足跡の化石で注目されたのは、その直線的なコースと痕跡の残る長さです。足跡は少なくとも1.5kmも続いていて、これは、今まで見つかった足跡化石としても最長のものです。そして、足跡はコースを逸脱することなく真っ直ぐに続いていました。

さらにこの人物は1度進んだ後、数時間後に戻ってきたと思われ、往路と帰路2つの足跡が残されていました。

年代は氷河期の終わり約11,550年前から13,000年前のものだと推定されます。

足跡には滑ったような跡や、水たまりを避けたと思われる跡があり、地面はぬかるんでいて足跡の主はかなり疲れていたようです。

その歩行速度は毎秒1.7メートル以上だったと推定されます。通常の快適な歩行速度は毎秒1.2~1.5メートルとされているので、この人物はかなり足早に急いでいたことが伺えます。

足跡は非常に小さく、小柄な成人女性または思春期の男性だった可能性が高いと考えられます。

子供連れだったが、帰りにはいなくなっていた

足跡の3Dスキャン画像。片側に荷重がかかっていたような独特の湾曲形状と跡の深さが見られる。これは子供を抱えていたためと考えられる。
足跡の3Dスキャン画像。片側に荷重がかかっていたような独特の湾曲形状と跡の深さが見られる。これは子供を抱えていたためと考えられる。 / Credit:Bournemouth University

往路の中には、いくつか小さな子供の足跡が残されていました。研究者はこの痕跡から、スーパーマーケットなどで子供抱える疲れた母親の姿が連想されるといいます。

この人物は2歳未満の子供を抱えていたと思われ、時折降ろして抱き直したり、地面に立たせて小休憩をとっていたようです。

足跡の3Dスキャン画像の分析からも、この事実は伺えます。

足跡は片側に負荷がかかったような独特の湾曲した形状を残しています。これはなにか重いものを抱えて歩いていたために作られた痕跡で、その荷物はおそらく子供だったのでしょう。

しかし、数時間後にこの人物が戻ってきた帰路には、定期的な子供の足跡も、何かを抱えるような痕跡も残っていませんでした。

危険な動物たちの痕跡

氷河期に生存していたオオナマケモノ「メガロにクス」。
氷河期に生存していたオオナマケモノ「メガロにクス」。 / Credit:depositphotos

この時代の同地域には、地上を徘徊した巨大なナマケモノ「メガロニクス」や、マンモス、サーベルタイガー、ダイヤウルフなど体の大きな危険な獣の足跡も見つかっています。

マンモスの足跡の周りで遊ぶ子供の足跡なども、この地域では見つかっています。

そして今回の足跡の往路には、人間が歩き去ったあとにその上を通り過ぎたマンモスとオオナマケモノの足跡が残っていました。

マンモスは人間の足跡に気付かなかったようで、そのまま通り過ぎていましたが、地面を這うオオナマケモノは人間の匂いと足跡に気づいたようで、足跡の匂いを嗅ぎ回るようにぐるぐると回った後、後ろ足で立ち上がり周囲の匂いを嗅いでいたようです。

この時代のオオナマケモノは、現代とは違い牛以上のサイズがあったとされています。

足跡の主は、数時間後そんなマンモスやオオナマケモノの横切った足跡を踏み越えて帰ってきたようです。

先史時代にこの場所で何があったのか?

巨大な獣も徘徊する危険な荒野を、おそらく小柄な母親は子供を抱えて足早に真っ直ぐ突き進んでいたようです。地面がぬかるんでいたことから、天気も悪かった可能性があります。

そんな中、この人物は何のために一体どこへ向かっていたのでしょう?

子供は病気だったのでしょうか? 集落を追い出されたのでしょうか? なぜ1人で帰ってきたのでしょう?

ただの足跡からわかる事実は意外と多くあります。研究者たちはその僅かな痕跡から、古代の生物の生態、人々の暮らし、その場所で起きた小さなドラマまでさまざまな推測を行います。

この足跡の主が腕から腕へと子供を抱え直しながら、足早になにかから逃げようとしていた可能性は高いでしょう。

しかし、この足跡の主に何があったのか、その真相を知る証拠はもはや残されていません。私たちはただ、この足跡から古代の出来事に想像を巡らせるしかないようです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG