脳オルガノイドに神経接続された目はやすことに成功!
脳オルガノイドに神経接続された目はやすことに成功! / Credit:ElkeGabriel et al (2021) . Cell Stem Cell . Human brain organoids assemble functionally integrated bilateral optic vesicles
biology

「目がある人工脳」を作り出すことに成功、視神経もあり光を検知 (3/4)

2021.08.19 Thursday

Scientists Grew Stem Cell ‘Mini Brains’. Then, The Brains Sort-of Developed Eyes https://www.sciencealert.com/scientists-used-stem-cells-to-make-mini-brains-they-grew-rudimentary-eyes
Human brain organoids assemble functionally integrated bilateral optic vesicles https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1934590921002952?via%3Dihub#!

iPS細胞から目のパーツを作る「再生医療」に期待

iPS細胞から目のパーツを作る「再生医療」に期待
iPS細胞から目のパーツを作る「再生医療」に期待 / Credit:ElkeGabriel et al (2021) . Cell Stem Cell . Human brain organoids assemble functionally integrated bilateral optic vesicles,ナゾロジー編

今回の研究により、ビタミンA(酢酸レチノイン)を与えることで、オルガノイドと視神経で接続された眼球を加えられることが示されました。

また形成された目にをあてると、脳オルガノイドで電位変化が起こり、何らかの情報処理がはじまったことも判明します。

さらに追加の観察により、目の獲得は脳オルガノイドにも影響を与えていたことが示されます。

目を獲得した脳オルガノイドで働いている遺伝子を調べたところ、光の知覚にかかわる遺伝子が活性化していたことも発見されました。

感覚器と接続されていない脳オルガノイドは、全く刺激のない世界に存在しています。

しかし目を獲得したことで、外界との接点が発生し、個々のニューロンの活動にも大きな影響を与えていたのです。

また今回の研究は、目に疾患を抱える人々にとって大きな希望になりえます。

iPS細胞から目を作る方法の一端が判明したことで、患者本人の遺伝子を持つiPS細胞から、新品の網膜や水晶体(レンズ)を作れる可能性があります。

さらに脳オルガノイドと神経接続された目は、新薬の開発や病気の仕組み解明など、疑似的な人体実験の材料として用いることが可能です。

禁忌の人体実験が可能に?人工臓器を組み合わせた「疑似人体」を開発

研究者たちは今後も研究を続け、より完璧な脳オルガノイドと目が作られるように調整を続けていくとのこと。

もしかしたら将来の眼科には従来の部門に加えて、現在の目を新しい眼球と交換する再生部門が備わっているかもしれませんね。

次ページでは、今回の実験のカギとなった不思議なビタミンAの性質を紹介します。

次ページビタミンAはドミノの最初の1枚を押していた

<

1

2

3

4

>

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!