ペンギンがイワシの群れに突っ込む主観映像が公開
ペンギンがイワシの群れに突っ込む主観映像が公開 / Credit: Sabrina Harris(WCS/2022)
animals plants
Dive Into a Writhing Swarm of Sardines With This Astounding Penguin Footage https://www.sciencealert.com/dive-right-into-a-sardine-bait-ball-with-this-astounding-penguin-footage Spellbinding new ‘selfie’ video captures penguin feasting on giant sardine ball https://www.livescience.com/gentoo-penguin-selfie-video

2022.01.24 Monday

ペンギンがイワシの群れに突っ込む主観映像

ペンギンの目線で狩りの瞬間が味わえる映像が、野生生物保全協会(WCS・米)により公開されました。

これはアルゼンチンのマルティージョ島沖にて撮影されたもので、ペンギンがイワシの大群に突っ込む様子が捉えられています。

本調査は、ペンギンの食料と生活空間を理解し、保護に役立てるための長期的な取り組みの一環とのこと。

映像は、1月20日の「National Penguin Awareness Day(全国ペンギン啓発の日)」を記念して、公開されました。

イワシの群れに突っ込む瞬間映像

WCSの研究チームは、南米のビーグル水道に分布するジェンツーペンギンのオスに防水のボディカメラ「PenguinCam」を装着し、採餌生態を調査しました。

ジェンツーペンギン(Pygoscelis papua)は、体長90cmにもなる世界で3番目に大きいペンギンです。

南米大陸の南部から南極にかけて存在する島々に生息し、岩の多い海岸部に小石の巣を作ります。

他のコロニーの巣から小石を盗むことで有名です。

彼らは、どのペンギンよりも速い時速35kmで泳ぎ、水深90mまで潜ることができます。

この高い潜水能力を活かして、海底付近にいるイカや甲殻類を捕食します。

しかし今回の映像は、海面近くでも巧みに狩りができることを証明しています。

映像では、2度目の突進で見事にイワシをキャッチしているのが分かります。

WCS海洋生態学者のアンドレア・ラヤ・レイ(Andrea Raya Rey)氏は「この映像は、ジェンツーペンギンの食の生態について理解を深めるもの」と話します。

「ボディカメラを取り付けたのは採餌のための1回きりで、ペンギンが戻ってきたら装置を外しました」と続けます。

その後、彼らは巣に戻り、親として子供の世話に熱心に取り組んでいたという。

陸上でのジェンツーペンギンのコロニー
陸上でのジェンツーペンギンのコロニー / Credit: Sabrina Harris(WCS/2022)

チームは、アルゼンチン近辺に分布するジェンツーペンギンのコロニーを調査し、環境の変化が与える影響について理解を深めているところです。

意外にも、他の多くの種とは異なり、気候変動はジェンツーペンギンの生息域を拡大させていることが分かっています。

これは氷土の後退にともない、ペンギンたちが南下しているためです。

しかし、生息域の拡大は、脅威と無縁であることを意味しません。

たとえば、かつては寒すぎて繁殖できなかった海域に有毒藻類が繁殖し、ペンギンたちの間に病気が侵入する可能性が考えられています。

住む土地が広がるのも良いことばかりではないようです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!