geoscience

2021.01.27 Wednesday

2019.09.14 Saturday

UVチェックできる石って知ってる?色が変化する鉱物の世界 (4/7)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

前ページ透明タイプは色の変わり方が違う

<

1

2

3

4

5

6

7

>

さまざまな鉱物にブラックライトをあててみよう

ブラックライトをあてるとなぜ光るのかというと、その鉱物に蛍光物質が含まれているからです。蛍光物質は、ある波長の光を吸収すると、それとは違う波長の光を放出する性質のある物質のこと。

紫外線は波長が100nmから400nmの範囲の光のことを指しますが、ブラックライトは紫外線のうち、UV-A領域( 315~400nm)の紫外線を放射することができます。

実はこのように紫外線をあてると蛍光する鉱物は多数あります。そこで、家にある鉱物たちにブラックライトをあてていきました。

まずはダイヤモンド。こちらのペンダントトップには7つの石がセッティングされていて、蛍光灯の下だとどれも同じように見えます。

1枚目の画像

ところが、ブラックライトをあてると、2つの石だけ青白い蛍光色を発しました!

2枚目の画像

次はスピネル。原石2つ、ルビースピネル、レッドスピネル、コバルトスピネル、ブルースピネル…とスピネルを1つのケースにまとめています。

3枚目の画像

ブラックライトをあてると、原石とレッドスピネルが赤く蛍光しました。

4枚目の画像

今は閉山してしまった、ロジャリー鉱山のフローライト。蛍光灯の下では緑色をしています。

5枚目の画像

ブラックライトをあてると、蛍光を発しつつ、青い色に変わりました。

6枚目の画像

こちらは、鉱物自体が光るわけではないですが、パキスタン産のオイル・イン・クォーツという石。水晶が形成されるときに、石油がとじこめられています。

7枚目の画像

オイルの部分が青白く光っていますね。

8枚目の画像

次ページルビーの美しさは紫外線に左右される

<

1

2

3

4

5

6

7

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!