biology

物質から生命の進化を可能にしたのは「寄生体」との共進化だった (5/5)

2021.01.27 Wednesday

2020.07.24 Friday

前ページ寄生RNAとの耐性獲得競争は宿主RNAを異なる種にわけた

<

1

2

3

4

5

>

競争・変異・多様化は生命発生以前から続いていた

画像
現生生物の系統樹も競争・変異・多様化の繰り返しで形成された/Credit:wikipedia

今回の進化実験は、単一のRNAからスタートしています。

はじめは1種類しかなかったRNAが、複製の過程で自己の一部から寄生体をうみ、寄生体との生存競争から種がうまれ、多様化がはじまりました。

論文が書かれた時点で300世代まで継代された自己複製系はその後も維持され、現在も進化は続いているとのこと。

この加速する多様性と絶え間ない競争の果てに、生命誕生に必要なパーツが出そろい、ある時点で必然的に組み合わされて、生命が誕生したのかもしれません。

そうなれば競争・変異・多様化という現在まで続く生命進化は、生命誕生以前の分子レベルの自己複製系から続いていたことになります。

研究内容はフランス国立科学研究センターの古林太郎氏、および東京大学大学の市橋伯一教授らによってまとめられ、7月21日に学術雑誌『eLife』に掲載されました。

Emergence and diversification of a host-parasite RNA ecosystem through Darwinian evolution
https://elifesciences.org/articles/56038

健康なヒト細胞の中で「四重らせん構造のDNA」を初めて確認! 四本鎖DNAのはたらきとは?

reference: 東京大学 / written by katsu
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

<

1

2

3

4

5

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!