人間の老化プロセスの逆転に成功
人間の老化プロセスの逆転に成功 / Credit:Depositphotos
biology

ついに老化プロセスを逆転させることに成功!「若返り」の技術に向けて1歩前進

2021.01.27 Wednesday

2020.11.21 Saturday

prnewswire https://www.prnewswire.com/il/news-releases/first-time-human-study-shows-reversal-in-biology-of-aging--telomere-shortening-and-senescent-cells-accumulation--with-hyperbaric-oxygen-therapy-hbot-301176053.html

今、私たちにできるアンチエイジングとは老化を遅らせることですが、新しい研究ではついに老化プロセスの逆転に成功したと言われています。

イスラエル・テルアビブ大学神経科学部のシャイ・エフラティ准教ら研究チームは11月18日付けの学術誌『Aging』で、高圧酸素療法によってテロメアの伸長と老化細胞の減少に成功したと発表。

老化プロセスにおける2つの大きな要素を生物学的に逆転させたことは、私たちとって夢だった「若返り」という扉に手をかけたことになります。

>参照元はこちら(英文)

老化プロセスのカギである「テロメア」と「老化細胞」

細胞分裂するごとにテロメアは短くなる
細胞分裂するごとにテロメアは短くなる / Credit:Depositphotos

人の老化に注目すると、科学者たちは細胞分裂とテロメアという1つの老化プロセスに辿りつきます。

生物は細胞分裂によって常に新しい細胞と古い細胞を入れ替えることができます。

しかし、細胞分裂の回数には限界があって、ある時から新しい細胞が生まれなくなるのです。

そのため古い細胞つまり老化細胞が身体全体を占め、機能が低下。これが老化プロセスの1つだと考えられています。

そしてこの細胞分裂の限界を決めているのがテロメアです。

テロメアは生物の染色体の両端にあり、細胞分裂が行われるたびに少しずつ短くなります。そして一定の短さになると細胞分裂が不可能になるため、その細胞は老化細胞になるのです。

ちなみに細胞分裂の回数が決まっているということは、このサイクルを早めないことも可能。

細胞にダメージを与えると回復するために高頻度で細胞分裂を繰り返します。つまり、「細胞にダメージを与えない」生活方法で老化を遅らせることはできますし、これが現代の主なアンチエイジングなのです。

次ページ高圧酸素療法で老化プロセスの逆転を狙う

<

1

2

3

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!