brain

脳が「嗅覚をコード化」する仕組みをマウス実験で解明! 自分が感じるレモンの香りは人類共通の認識だった (3/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.07.08 Wednesday

前ページクラスターを破壊するとレモンとライムが別系統の匂いに感じる

<

1

2

3

>

また一つのブラックボックスがコード化された

画像
感情のコード化方法は今年の4月に出た論文に記されている/Credit:ナゾロジー

今年にはいってから「基本動作(Willett,Cell,2020)」「感情(Dolensek,Science.2020)」「触覚(Ganzer,Cell,2020)」といった今までブラックボックスとされていた神経活動のコードが次々に解明されてきています。

今回は、動物実験レベルではあるものの、嗅覚のコード化がはじめて成され、同種の間では同じ匂いに対して同じ神経活動パターンが観測されることが判明しました。

もし同じ神経活動パターンが人間の脳でも確認された場合、人間とマウスは文字通り「レモンの香り」の概念を共有していることになります。

そうでなくとも、人間の嗅覚コードをはじめとした五感のコードを全て解明できれば、中で食べたり飲んだりが楽しめる、フルダイブ型のVRの基礎理論となるでしょう。

SF世界は意外と足元まで来ているのかもしれませんね。

研究内容はアメリカ、ハーバード大学のスタン・L・パシュコフスキー氏らによってまとめられ、7月1日に世界で最も権威ある学術雑誌「Nature」に掲載されました。

Structure and flexibility in cortical representations of odour space
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2451-1

感情を情報コード化して強制的に再生することにマウス実験で成功

reference: sciencedaily / written by katsu
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ

<

1

2

3

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!